転職ノウハウ

転職サイトを複数登録するべき理由と注意点!メリットとデメリットを紹介

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

今回は『転職サイトに複数登録するべき理由』について話します。

転職活動を始める人にとって、転職サイトは多くの人が利用しているサービスではないでしょうか?

そもそも転職サイトについてあまりよく知らないと言う人は、こちらの転職サイトと転職エージェントって何?結局どっちを使えばいいの??
を参考にしてみて下さい。

かく言う僕も、転職活動をしていた頃は、転職サイトにはとてもお世話になりました。

これから転職活動を始めようと考えている人の中には、『転職サイトはとりあえず1つだけ登録すればいいや』と思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

転職サイトは間違いなく、複数登録しておいて掛け持ちするのがオススメです。

僕も最初は、転職サイトをとりあえず1つ登録していたのですが、複数登録するメリットに気づき、掛け持ちで利用することにしました。

もし転職活動に興味があるけど「何をしていいかよく分からない」と言う人は、転職活動をマニュアル化したので、よかったら合わせて見て下さい。

転職サイトを複数登録するべき3つの理由

まず最初に、転職サイトを複数登録するべき理由を書いていきます。

①求人案件が増え、選択肢の幅が広がる

単純に、転職サイトを複数登録しておけば、それだけ求人案件を増やすことができるので、
転職先の選択肢の幅を広げることができます。

中には『大手の転職サイトに1社登録しておけば、ほぼ全ての求人をカバーできる』と考えている人もいるかもしれませんが、全くもってそんなことはありません。

僕も最初は、『とりあえず大手のサイトに登録しておけば大丈夫だろう』勘違いをしていましたが、実際のところ、各転職サイトで求人の種類に偏りがあることが分かりました。

大手サイトであろうと、それぞれ得意な分野が存在しており、全ての求人をカバーできるというわけではありません。

大きな理由としては、大手の転職サイトに求人を出すのは、『それなりのお金がいる』ことが考えられます。

中には、掲載料金の安い中小のエージェントに求人を出している企業も少なくありません。

なので、大手の転職エージェントだからと言って、さまざまな求人を網羅しているというわけではないのです。

『1社の転職サイトでは自分にあった求人を見つけられなかった』というケースはよく聞きました。

なので、よほどの理由がない限りは、転職先の選択肢を増やすために複数登録はしたほうがよいです。

②スカウトをされやすくなる

最近では、『スカウト機能』というものが、多くの転職サイトで実装されています。

スカウト機能とは

転職サイトの登録者データベースの『スキル』『職務経歴』『希望条件』などから、企業が欲しい人材にマッチし、採用したいと考えた場合、スカウトメールやオファーが届く仕組みのことです。

このスカウト機能に登録しておけば、こちらから応募しなくても、企業の方からスカウトされる可能性があります。

もちろん複数の転職サイトを登録しておけば、その分スカウトされる可能性も上がり、『待っているだけで転職先が見つかる』なんてこともありえます。

③レジュメの添削機能を何回か利用できる

転職活動を行うにあたって、避けては通れないのが、『履歴書・職務経歴書の作成』です。

レジュメの作成が苦手な人は多いのではないでしょうか?

僕は、自分の自己PRを書くのが苦手で、何度も書き直したのを覚えています。

そんな『職務経歴書や自己PRを書いたけど自信がない』という人のために、各転職サイトでは、プロの採用担当者が無料でレジュメを添削、アドバイスをしてくれるというサービスがあります。

しかし、この添削サービスも1度のみ可能というところが多く、何度も利用できません。

そんな時に、転職サイトを複数登録しておけば、このサービスを複数回利用することができます。

自分だけでは、なかなかレジュメを書くスキルを伸ばすのは難しいので、プロにアドバイスを貰い、効率よくスキルを伸ばしましょう。

転職サイトに複数登録するのは面倒ではない

『転職サイトに複数登録するのは面倒くさい』と思っている人がいるかもしれませんが、
全然そんなことはありません。

確かに転職サイトに登録する際には、多くの情報を入力しなければいけません。

しかし、1度登録した情報のフォーマットがあれば、他のサイトも入力する情報はほとんど同じです。

つまり、『1度登録した情報を使い回せば、他のサイトの登録も簡単』ということです。

複数登録するメリットを考えると、これくらいの労力はないに等しいかと思います。

転職サイトはどのくらい登録しておくのがベスト?

複数登録しておくといいのは分かったけど、『どのくらいのサイトに登録しておけばいいのか?』

結論としては、転職サイトの登録数は3社を目安に、余裕があるのであれば5社程度登録して良いかと思います。

ただし、多くの転職サイトに登録しすぎて、求人情報を管理しきれないようでは本末転倒なので、分からなければ、とりえず最初は3社の転職サイトに登録しておくことをオススメします。

自分が過去に使っていて、おすすめできる転職サイトを下の記事にまとめたの参考にしてみて下さい。

転職エージェントも利用するべき?

転職サイトとは別に、転職エージェントというサービスもあります。

この転職エージェントは転職サイトとはまた違った転職支援サービスですが、転職サイトと同じくらい利用されているサービスです。

転職エージェントについてあまりよく知らないという人はこちらの転職サイトと転職エージェントって何?結局どっちを使えばいいの??を参考にしてみて下さい。

個人的には、転職エージェントも転職サイトと併用して利用するべきだと思います。

転職エージェントは直接キャリアアドバイザーの人が転職するまで直接サポートしてくれます。

もし、転職活動を効率的に進めたいと考えているのならば、転職エージェントも検討しましょう。

詳しくはこちらの転職エージェントを複数登録するべき理由と利用する際の注意点とは!に書きました。

まとめ

転職サイトを複数利用することはメリットしかないと言っても過言ではありません。
デメリットといえば、登録しすぎると求人情報の管理が難しくなるくらいです。

これからの転職活動をスムーズに進めるため、転職サイトの掛け持ちをオススメします。

記事は以上です。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。