転職ノウハウ

ブラック企業の定義や特徴とは?会社内からの見分け方を紹介!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

サラリーマンの方だったら

「自分の職場ってブラック企業なんだろうか?」

一度はこんなふうに思ったことはないですか?

ただ、ブラック企業といっても、「どういった特徴があり」「判断基準は何なのか?」 いまいちよく分からない人もいると思います。

なので今回は、過去長年ブラック企業を渡り歩いてきた経験を踏まえ

「ブラック企業の定義は何なのか?」

「会社内から分かるブラック企業の特徴と見分け方」

これらを紹介していきたいと思います。

今回の記事は、実際に働いている人で「今の自分の環境がブラック企業なのか判断したい」と言う人に向けたものになります。

もし、転職または就職予定で、「これから探す企業がブラック企業なのか判断したい」という人は、下の記事が参考になります。

ブラック企業の定義とは?

まず最初に、そもそもブラック企業の定義とは何なのでしょうか?

ブラック企業という言葉はインターネット上で呼ばれるようになった、「造語」で、
じつは明確な定義はないんです。

しかし、定義はなくても、一般的に言われているブラック企業の特徴はいくつか存在します。

厚生労働省が明らかにするブラック企業の特徴

「一般的に言われているブラック企業の特徴」それが、厚生労働省が公的に明らかにしているブラック企業の特徴です。

以下が、厚生労働省が提示してるブラック企業の特徴になります。

厚生労働省が提示するブラック企業

労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

なんとなく言わんとしてることは分かりますけど…

でも、内容があまり具体的ではないので、「自分の会社が当てはまるのかどうか」判断が難しいですよね…

なので、自分の過去のブラック企業での勤務経験を踏まえ

「会社の内側から分かるブラック企業の特徴と見分け方」

これを紹介していきます。

会社内から分かるブラック企業の特徴と見分け方

では早速、ブラック企業に長年勤務してきた経験から、働き手の視点から分かる

「会社内から分かるブラック企業の見分け方」を紹介していきます。

結論から言うと、見分け方は、以下に示す特徴のいずれかに当てはまるようならブラック企業の可能性が高いです。

会社の内側から分かるブラック企業の特徴

セクハラ、パワハラ、モラハラが横行している

30~40代の社員が少なく、人の入れ替わりが激しい

サービス残業が当たり前

暴言や嫌がらせで自主退職が多い

過労死やうつ病で自殺者が出ている

最初は極端に優しく接してくる

派遣社員・契約社員を多く雇っている

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

セクハラ、パワハラ、モラハラが横行している

1つ目の特徴が「セクハラ、パワハラ、モラハラが横行している」ことです。

ブラック企業の職場内で起きやすいのが、これら3大ハラスメントです。

ブラック企業の定番と言われるかもしませんが、これらハラスメントの有無がブラック企業を見分けるのに一番分かりやすい基準だと思います。

実際に、僕の過去の職場では

・「美人の職員に対して明らかに態度が豹変する上司」

・「気に入らないという理由だけで、朝礼の時に名指しで大げさに言われ悪者にされた」

・「部下に罵声を浴びせ、ペンを投げつけてくる」

こういった、セクハラ、パワハラ、モラハラが横行していました。

30~40代の社員が少なく、人の入れ替わりが激しい

2つ目の特徴が「30~40代の社員が少なく、人の入れ替わりが激しい」ことです。

つまりブラック企業の場合、新入社員が入ってもすぐに辞めてしまい、中堅の社員が極端に少ないんです。

前に勤めていた会社でも、新入社員にしろ中途採用しろ、入社して数ヶ月で辞めてしまうことはざらにありました。

こういう人達って、「この会社は危ない」とすぐに察知して、決断も早く辞めていってしまうんですよね。

サービス残業が当たり前

3つ目の特徴が「サービス残業が当たり前」なことです。

ブラックな会社しか経験していない人達とって、サービス残業というのは「当たり前のもの」といった考え方に洗脳されてしまっているんです。

普通の企業やホワイト企業では、サービス残業は全くもって当たり前ではありません。給料が出るのが当たり前です。

自分の昔はブラック企業しか知らなかったので、サービス残業はスタンダードなんだと脳が勝手に思い込んでしまっていました。

暴言や嫌がらせで自主退職が多い

4つ目の特徴は「暴言や嫌がらせで自主退職が多い」ことです。

これは先ほど言った、パワハラ、モラハラに該当するのですが、自主退職というのがポイントです。

退職には通常、「自主退職」「会社都合退職」の2パターンがあるのですが

後者の「会社都合退職」の場合、失業手当や退職金が多く支払われるケースが多いんです。

なので、ブラック企業の場合、退職時にお金を少しでも支払わないよう「自主退職」にさせる傾向にあるんです。

実際に、自分の知り合いにもパワハラが原因で退職したにもかかわらず、自主退職にさせらた人がいました。

「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いについては下の記事に詳しくまとめたので、よかったら参考にして下さい。

過労死やうつ病で自殺者が出ている

5つ目の特徴が「過労死やうつ病で自殺者が出ている」ことです。

過労死や自殺者が出ているとニュースにも取り上げるられるほど事件なわけで、誰の目に見ても明らかなブラック企業ですよね。

ただ、過労死や自殺者が出たといっても、それを会社が隠蔽しているケースもあり得ます。

表沙汰になってからでも遅いので、そういった噂を少しでも耳にするようなら要注意です。

最初は極端に優しく接してくる

6つ目の特徴が「最初は極端に優しく接してくる」ことです。

「初頭効果」って聞いたことないですか?

最初に受けた印象が最も心に残りやすいという心理学的効果のことです。

この初頭効果を利用して、ブラック企業は最初だけは親切丁寧に優しく接してくるんです。

そうして、「この会社は良い企業だ」というのを心理的に刷り込んで社員が辞めないようにしてくるわけです。

なので、最初に極端に優しく接してくる会社は要注意です。

派遣社員・契約社員を多く雇っている

7つ目の特徴が「派遣社員・契約社員を多く雇っている」ことです。

それはなぜか?

派遣社員や契約社員は、低給料、なおかつ、こき使いやすいからです。

しかも都合が悪くなればすぐに切ることができるので、ブラック企業にとっては都合のいい存在です。

派遣社員や契約社員が悪いわけではないですが、極端に多く雇っている場合、要注意です。

以上、会社の内側から見たブラック企業の特徴を7つ紹介してきました。

これらを満たせばブラック企業であるという定義ではないですが、この中で2〜3つは当てはまるという場合は、ブラック企業である可能性が非常に高いです。

職場がブラック企業だと感じたら絶対にやるべきこと

最後に、もしも今の職場がブラック企業だと感じたのなら、将来的に転職する、しないに関わらず、絶対にやっておくべきことがあります。

それは

職場からいつでも逃げられる準備をしておくこと

です。

でも、具体的には何をすればいいのか?

それはすごく簡単で

転職サイトに登録だけしておく

ことです。

これには大きな理由が2つあり

 ストレスが限界に達してから転職サイトに登録するのでは遅すぎるから

 逃げ道があると分かると精神的にグッと楽になるから

です。

僕も過去、2度の転職経験があるのですが、ストレスが溜まってくると本当に登録する気力すらなくなってきます。

なので、ある程度余裕のある今のうちに登録だけサクッと済ませておくほうが絶対にいいです。

ちなみに、登録や利用は無料で、時間も5分もかからないくらいです。

転職サイトは「リクナビNEXT」が文句なしにおすすめ

ちなみに転職サイトに関しては

リクナビNEXT」が文句なしにオススメです。

求人数・求人の質などすべてにおいて、他よりも群を抜いてトップクラスです。

なのでまずは、「リクナビNEXT」に登録しておけば問題ないです。

また、リクナビNEXTには、「スカウトメール」という機能があり、自分のプロフィールを登録しておくだけで、自分にあった求人を勝手にメールで送ってきてくれるので

「求人を自分で見るのが面倒臭い」

と言う人でも、送られてきたメールを見るだけで

今の自分にはこんないい求人もあるんだ

と認識できるので、めちゃくちゃハードルが低いんです。

『リクナビNEXT』公式ページはこちら

リクナビNEXTの登録手順おすすめの使い方に関しは、こちらにまとめたので、よかったら参考にしてみて下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。