転職ノウハウ

会社を辞めたい、辞めさせて貰えない!そんな時は退職代行サービス「EXIT」が最適!!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

会社が辛くて限界だからもう辞めたい

もしこう思っていても、いざ退職を申し出たら

・「今退職するなら損害賠償を請求する

・「お前なんか今退職してもどこも雇ってもらえないよ

こういった威圧的な態度をとられないか心配している人もいるはずです。

最初に言っておくと、法律で労働者には自由に退職する権利が与えられており、基本的には会社は退職を拒否することはできません。

こう言った威圧的な態度をとるのは、今あなたに辞められては会社や上司にとって不利益なだけだからなんです。

でも、そんなことは当の本人には知ったこっちゃないことですよね。

会社を辞めるのに重要なのは、「退職するぞ」という強い意思を示すことなんです。

しかし法律上辞めるのは問題にないにしても、やっぱり退職するのって気まずかったり思ったより時間がかかったり労力をめちゃめちゃ使います。

何とか気まずい雰囲気を味わわずに、会社を辞めることはできないものか・・・

じつはそんな方法があります!

その方法とは

「退職代行」というサービスを利用することです。

退職代行?なんか怪しくない?と思う人もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

僕は、2回目の転職の時に、前の会社を退職するのがしんどくて、このサービスを利用したのですが

気まずい思いを一切味わうことなくあっさり辞めることができました。

ちなみに、僕が利用したのは、退職代行サービスのパイオニアで業界最大手の「EXITという会社です。

なので今回は

会社を辞めたいけど気まずいのが嫌だ

威圧的な態度で会社を辞めさせて貰えない

という人のために、退職代行サービスEXITについて詳しく紹介していきたいと思います。

退職代行サービスとは?

まず最初に、退職代行サービスとは何なのかを簡単に説明しておきますね。

退職代行サービスとは、

退職するあなたの代わりに、退職のやりとり、手続きを全て引き受けてくれるサービス

のことです。

なので、退職を決断をしてから退職するまで、会社に行く必要も退職の手続きを行う必要も全くないんです。

怪しくない?大丈夫?と心配する人もいるかもしれませんが

退職代行サービスは法律にのっとった手順で退職の手続きを行ってくれるので、その辺は心配無用です。

退職代行サービス「EXIT」について

他にも退職代行サービスはあるのですが。ここではEXITの紹介をしていきます。

でもどうして「EXIT」なのか?

冒頭でも書きましたが、僕は過去にこのサービスを利用したことがあります。

その時に、他の退職代行サービスもいろいろと調べたのですが、このEXIT総合的に見て一番信頼性が高かったからです。

実際「EXIT」を使用してみたのですが、特に問題もなく、あっけないくらいすんなりと退職までことが運んでいき、無事に円満退職することができました。

と言っても、これだけではいまいち伝わらないと思いますので

これから退職を考えていて、この退職代行サービスに少しでも興味がある人のために

「どうしてEXITを選んだのか?」

また「デメリットや注意点」などを詳しく紹介していきたいと思います。

「EXIT」を選んだ3つの理由!

まずは、どうして数ある退職代行サービスからEXITを選んだのか?

それは以下の3つの理由です。

①退職代行サービスのパイオニア(先駆者)だから

②退職成功率100%の実績を誇っているから

③LINEにも対応していてやり取りが非常にスムーズだから

それでは、それぞれを詳しく説明していきますね。

退職代行サービスのパイオニア(先駆者)だから

まず、僕がこの「退職代行」というサービスを知ったのが、大手のメディア雑誌でした。

その時ちょうど退職しようか迷っていた時期だったので、「こんなサービスがあるのか!」と驚いたのを覚えています。

それからネットでEXITについて調べてみると、どうやら退職代行というサービスを一番最初に開始したのが、この「EXIT」という会社だというのが分かりました。

他の会社と比較しても、テレビや雑誌などメディアへの露出も一番高く、パイオニア(先駆者)だけあって退職代行のノウハウ持ち合わせており実績もトップクラスでした。

やはり、「先駆者」というのは信頼性がとても高く、安心感がありました。

退職成功率100%の実績を誇っているから

この退職代行というサービスは2017年に「EXIT」が最初に開始したのですが

なんと、サービスを開始して以来、今まで退職に失敗したことはない、

つまり、「退職成功率100%」という脅威の実績を誇っているんです。

これってすごくないですか?

退職といっても様々なシチュエーションがあるので、「時には失敗することもあるのでは」そう思っていたのですが、この実績を見て驚きでした。

自分の中で、この退職成功率100%というのが、EXITを選んだ理由として一番大きいです。

だって、退職代行をお願いしたはいいけど、「失敗しました」では済まないですよね。

ちなみに、他の退職代行サービスの中には、失敗した時には全額返金という保証がある会社もありますが

それって裏を返せば、お金を返せば失敗しても許されるみたいに感じませんか?全額返金はパッと見、魅力的に感じるかもしれませんが、信頼性はガクッと落ちます。

退職に失敗した場合、今よりも苦しい状況になるわけですから、一番重要なのは「信頼性」です。

EXIT」のホームページに以下の通り、実績の記載があるので貼っておきますね。

LINEにも対応していてやり取りが非常にスムーズだから

EXIT」はすべてのやり取りをLINEで完了させることができるんです。

これに関しては、一番重要視したわけではないですけど、LINEでやりとりできるというのは、すごく魅力的でした。

もちろん、電話やメールにも対応していますが、電話は苦手だったり、いまどきメールだとやり取りがスムーズではないですよね?

ちなみに、申し込みが完了した即日からサービスを開始してくれなど、対応もめちゃくちゃ早いです。

「EXIT」のデメリットと利用する時の注意点

ここまで、EXITメリットばかりを紹介してきましたが、「デメリット」や「利用する時の注意点」もあるので、その辺も紹介しておきますね。

利用料金は業界最安値ではない

EXIT利用するのにかかる費用以下の通りです。

「EXIT」の利用料金

・正社員・契約社員:50,000円(税込)

・アルバイト・パート:30,000円(税込)

雇用形態によってかかる費用が違ってきます。ちなみに、これ以外の費用は一切かかりません。

正社員・契約社員でかかる費用が50,000円、これは業界の中の最安値ではないです。

だいたい退職代行サービスの相場が、30,000〜50,000円程度だと思います。

30,000円前後でサービスを受けられる会社もありますが、正直言って信頼性や実績を考えるとあまり魅力的な料金とは思いませんでした。

先ほども言いましたが、「退職に失敗しました!」では済まされませんよね。

それだったら実績や信頼性も考慮すると、50,000円くらいが妥当かなと、個人的には思います。

また、これ以上に高額な代行サービスもありますが、あまり高すぎると負担になるので、このくらいが丁度いいのかなと思います。

弁護士資格が必要な交渉はできない

これはEXITに限ってのことではないんですが、退職代行サービスを利用するにあたって、一つ注意点があります。

それは

弁護士資格がいる交渉は行って貰えない

ことです。

退職代行サービスは、弁護士資格を有していないので、その資格が必要な交渉はできないんです。

例えば以下のような交渉があります。

弁護士資格が必要な交渉

・パワハラ・セクハラの損害賠償請求

・有給休暇の買取交渉

・給与の未払い請求

これらの交渉は、弁護士資格を持っていないと違法になります。

なので、そのことを念頭に置いてサービスを利用するようにして下さい。

利用する前にまずは無料で相談しよう

EXITのサービスの全体の流れは、ざっとこんな感じです。

「EXIT」はサービスを利用する前に、聞きたいことがあれば、無料で相談することができます。

LINE、メール、電話どれでも大丈夫なので、まずは気軽に相談してみましょう。

一応やり方のを説明しておきますね。

①まずはEXITのホームページにアクセスします。

②下のような画像に飛びます。赤枠のように、LINEまたはメールで無料相談の箇所があるので、そこから無料相談ができます。

③無料相談を送ったら、返答があるので待ちましょう。

以上が始める前の手順になります。

まとめ

はっきり言って、退職というのは精神的にも体力的にもしんどいです。

僕の場合、最初の転職の時は自分で退職のやりとりをしたのですが、やはりしんどかったです。

最初から退職代行サービスを利用すればよかった・・・」と後悔しました。

もし、悩んでいるのならぜひ活用してみるべきです。精神的にも楽な状態で転職活動をスタートさせることができます。

ちなみに、転職活動を考えているけど、「まだ転職サイトや転職エージェントに登録していない」と言う人は、今すぐに登録すべきです。

その辺の理由についてはこちらの記事にまとめたので、よかったら参考にして下さい。

それでは、円満退職ができることを願っています。

記事は以上です。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。