転職ノウハウ

転職先はどうやって決める!?失敗しない決め方と注意点!!【うつ病回避】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

もし転職を少しでも考えているのなら、転職先選びは絶対に失敗したくないですよね。

・「慎重に選んだつもりなのに想像と全然違った

・「仕事内容が自分には合っていない

・「自分のキャリアアップに繋がらない仕事だった

こう言ったように、自分に合った仕事を選んだつもりが

いざ転職してみると、実は自分に合った仕事ではないことが、結構あったりするんです・・・

転職先が自分に合っていないだけで、済めばまだいいですが、

それがストレスになってしまい、うつ病にだってなりかねません。

じゃあ、転職先はどうやって決めるべきなの?

今回は、これから転職を考えている人のために

転職先に失敗しないための決め方と注意点」として、以下の内容を紹介していきたいと思います。

本記事の内容はこちら

転職に失敗してしまう3つの理由!

転職先を失敗しない決め方とは?

転職先に失敗してしまう3つの理由!

まず最初に話しておきたいのが

「どうして転職先に失敗してしまうのか?」

です。

転職に失敗してしまうには、必ず理由があります。

ここでは、「転職先に失敗してしまう大きな理由」を紹介したいと思います。

結論から言うと、転職に失敗してしまう理由は以下の3つです。

 自分だけで自己分析して転職先を探してしまう

 信頼している人に転職先を相談してしまう

 焦って転職先を決めてしまう

それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

自分だけで自己分析をして転職先を探してしまう

まず最初の理由は「自分だけで自己分析して転職先を探してしまう」ことです。

転職先を探す前に、必ずやることと言えば「自己分析」ですよね。

・「自分にはどんな職業・職種が向いているのだろうか?

・「今までの経験・スキルを活かせる仕事は何だろうか?

このような自己分析を行うことによって、次の転職先を決める材料にすることはとても大事なことです。

では、何がいけないのか?

それは冒頭でも書いてあるように

「自分だけで自己分析をすること」

です。

自分のことは自分が一番良く分かっているし、何がいけないの?

そう思うかもしれません。

しかし、自分だけでやってしまうと、どうしても「主観的」に判断してしまうんです。

自己分析で一番大切なのは「客観的」に判断することです。

また、自分だけでやってしまうと「このやり方で本当に合っているのか?」と不安に思ってきたりするんです。

信頼している人に転職先を相談してしまう

2つ目の理由が「信頼している人に転職先を相談してしまう」ことです。

家族とか友人など、信頼している人なら

自分のこともよく知ってるし、客観的に判断してくれるじゃん!

一見良さそうに思えますよね?

でも信頼している人に相談するのはNGなんです。

その理由は

身近な人は主体性(アイデンティティ)を妨げてしまう性質があるから

なんです。

つまりどういうことか?

家族や友人などは、慣れ親しんでいる人に対して、無意識のうちに「リスクを回避させよう」という傾向があるんです。

たとえ、それが多少のリスクであっても、のちに大きな成功に変わる可能性だって大いにあります。

その人の可能性の目を摘んでしまうアドバイスをしてしまう可能性が高いんです。

悩みなどを相談するのは全然問題ないんですが

転職先に関しては、「ネガティブなフィードバックがかかってしまう」ので、相談するのはやめたほうがいいんです。

焦って転職先を決めてしまう

3つ目の理由は「焦って転職先を決めてしまう」ことです。

転職理由は人それぞれですが

・「今の職場が辛すぎて早く転職したい

・「キャリアップのため転職したい

などなど、「今の現状を変えたい!」と思っている人がほとんどだと思います。

でも、早く現状を変えたい一心で、転職先を焦って決めてしまうのは絶対にNGです。

焦りという感情のせいで、冷静な判断ができなくなってしまうからです。

この企業は良さそうだ!」と思っても、焦りがあると、無意識なうちに冷静な判断できなくなっています。

なので、焦って転職先を決めてしまうのは絶対にダメです。

転職先を失敗しない決め方とは?

これまで「転職に失敗してしまう理由」を紹介してきましたが

では、「転職先はどうやって決めるのがベストなのか?

先ほどの転職先を失敗してしまう理由から

失敗しない決め方」を3つ紹介していきたいと思います。

自己分析には「診断ツール」を活用する

自己分析で一番大切なのは「客観的」に判断することでしたよね。

では、どうすればいいのか?それは

「自己分析のツールを使う」

ことです。

「自己分析ツール」を使えば、選択式の質問に答えるだけで行ってくれるのでものすごく簡単です。

しかも、主観的な意見ではなく客観的な意見を出してくれるので、自己分析を正確に行うことができます。

ちなみに自己分析ツールはいろいろなものがありますが、一番信頼できて、おすすめなのが、「リクナビ」無料で提供している

グッドポイント診断です。 

この自己分析ツールは、他社のツールと比べて「分かりやすく」使えて、「正確」に判断してくれます。

選択形式の質問に答えて進めていくだけで

・「自分の強み弱みは何なのか

・「向いている、向いていない仕事は何なのか?

など様々なことを正確に判断してくれます。

診断は20分くらいで行えて、しかも無料で使えるので活用しない手はないです。

転職先の相談は「自分と似たような経験をした人」にする

2つ目の失敗する理由で「信頼している人に転職先を相談してしまう」のはNGだと言いました。

では、相談したいときは誰にすればいいのか?

それはズバリ

「自分と似たような転職を経験をした人」

に相談することです。

例えば

今は公務員だけど、プログラマーに転職したい」とします。

そういった場合、もし親や友人に相談すると

「そんなの難しい、リスクがあるから止めたほうがいい」

と言ったように、自分の可能性を妨げてしまう可能性があります。

しかし実際は、公務員からプログラマーになった人なんて、たくさんいます。

もし身近にそういう人がいればその人に相談するのが一番なのですが、

もしいなければ、今はネットで検索すれば、同じような経験を書いている人がたくさんいたりします。

たとえ、直接相談できなくても、自分が悩んでいることの答えが書いてあったりするので、そう言った体験談を参考にするほうが絶対にいいです。

どんな転職先があるのか余裕を持ってチェックしておく

3つ目の失敗する理由で、現状をいち早く変えたいからといって

焦って転職先を決めること」はダメだと言いました。

ではどうすればいいのか?

転職サイトに登録だけでもしておいて

どんな転職先があるのか余裕を持ってチェックしておくこと

です。

転職サイトで、あらかじめどんな転職先があるかチェックしておくことで

「自分にはこんな道もあるんだ」

「意識してなかったけど、この仕事も自分に合ってそうだ」

というふうに、焦りがなくなり、いざ転職先を決めるときに冷静な判断ができるようになります。

とりあえず、転職を少しでも意識するようになったら、転職サイトに登録だけでもしておくことを強くおすすめします。

ちなみに転職サイトに関しては

リクナビNEXT文句なしにオススメです。 

求人数・求人の質などすべてにおいて、他よりも群を抜いてトップクラスです。

なのでまずは、リクナビNEXTに登録しておけば問題ないです。

また、リクナビNEXTには、「スカウトメール」という機能があり、自分のプロフィールを登録しておくだけで、自分にあった求人を勝手にメールで送ってきてくれるんです。

求人を自分で見るのが面倒臭い

と言う人でも、送られてきたメールを見るだけで

今の自分にはこんないい求人もあるんだ

と認識できるので、めちゃくちゃハードルが低いんです。

『リクナビNEXT』公式ページはこちら

「リクナビNEXT」の登録手順おすすめの使い方に関しは、こちらにまとめたので、よかったら参考にしてみて下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。