お仕事ハック

魅力的な人になるには?カリスマ性の身につけ方【職場の人間関係がうまくいかない人に】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

ほとんどの人が、「魅力的な人」になりたいと思っているのではないでしょうか?

魅力的な人と言うのは、言い換えると、「他人を惹きつける能力が高い人」のことを指します。

芸能人だとか、宗教とかでよく使われる言葉で言うならば

「カリスマ性が高い人」のことです。

そんな、「魅力的でカリスマ性が高い人」だと何がいいのか?

もしもあなたが、社会人なら

職場の人間関係がめちゃくちゃうまくいくんです。

魅力的な人というのは、それだけで、周りの人が付いて来てくれたり何か困ったときに助けてくれます。

そんなアドバンテージがあれば、職場でもストレスが溜まることが少ないですよね。

「でも、自分はそんなに魅力的な人間じゃないから・・・」

もしも、そう思っていたとしても大丈夫です。

カリスマ性は、「もともと持って生まれたもの」と勘違いしている人もいるかもしれませんが

じつはそうではないんです。

カリスマ性というのは、伸ばそうと思えば、努力次第で伸ばすことも可能なんです。

では魅力的な人になるにはどうすればいいのか?

今回は、「カリスマ性の身につけ方」をいくつか紹介していこうと思います。

「職場の人間関係がうまくいかない」と悩んでる人はぜひ参考にしてみて下さい。

 当記事の内容

 魅力的な人・カリスマ性の高い人の特徴とは?

 カリスマ性の身につけ方を紹介!

ちなみに、職場のコミュケーションで悩んでいる人は、こちらの「職場の人間関係が上手くいかない、しんどい人の改善方法」も参考にしてみて下さい。

魅力的な人・カリスマ性の高い人の特徴とは?

まず最初に「魅力的な人・カリスマ性の高い人の特徴とは何なのか?」を説明しておきます。

歴史上の人物の中でいわゆる「カリスマ性の高い人」にはどんな特徴があったのか?

このことについて、大学の研究結果のデータをもとにして説明しますので、信憑性はかなり高いと思います。

結論から言うと、魅力的な人・カリスマ性の高い人の特徴は以下の3つです。

 他人をいい気分にさせるのが上手

 周りを導く方法を知っている

 他人に影響を与えることできる

カリスマ性の身につけ方を紹介!

それでは実際に、「カリスマ性の身につけ方」を紹介していきます。

まず最初に、重要なので言っておきたいのが

カリスマ性の能力というのは

「人が持っている3つのスキルに依存している」

ということです。

なのでこれから紹介する、「カリスマ性の身につけ方」というのは

これら「3つのスキルを伸ばす方法」になります。

具体的に、スキルというのは以下の3つです。

 共感能力

 情熱力

 一貫性

それでは、それぞれ具体的に説明していきますね。 

共感能力を高めるには?

1つ目は「共感力」です。

カリスマ性の高い人というのは、

・「相手が今何を思っているのか?」

・「相手が何をしてほしいのか?」

これらの察知能力が非常に高いんです。

1つ目の特徴で述べたように、共感能力が高いということは

「相手をいい気分にさせるのが上手」なんです。

それでは、「共感能力」を高めるにはどうすればいいのか?

具体的にな方法としては

「相手の感情と一致させ共有すること」

です。

共感能力がある人というのは、相手の警戒心を下げることがとても上手なんです。

それに有効的なのが、「相手の感情と一致させ共有すること」です。

互いに感情がシンクロしている状態は、相手も「自分のことを理解してくれている」と思ってくれて、警戒心を下げてくれるんです。

なので、会話をするときには

相手がもし笑ったら「一緒になって笑い」、相手がもし悲しんだら「一緒になって悲しんであげる」ようにすると共感力を上げることができます。

また、自分の感情をストレートにぶつけることも大切です。ストレートな気持ちというのは、相手に伝染しやすく、自分の感情を共有することができるからです。

この2つを会話のときに意識すると、共感力を身につけることができます。

情熱力を高めるには?

2つ目は「情熱力」です。

情熱力というと、勘違いされるかもしれませんが

・「気合いが大事だ」

・「もっと熱くなれ」

と言ったような感じの、某芸能人が言いそうな感じの情熱ではないです。笑

こういった、自分の熱い感情をむき出しする感じの人を言うのではなく

「相手の物事に対して情熱的な人」

を指します。

具体的には、相手のやっていることに対して

・「興味を持ってあげる」

・「それに対して何かしてあげることはないか」

こういったふうに相手のことを常に考えている人のことです。

相手への興味に対して情熱を注ぐのがとても大切なんです。

2つ目の特徴でも書いたように「周りを導く方法を知っている人」というのは

相手がどんな悩みを持っているのか理解して、その解決策を提案できる人」

なんです。

なので、情熱力を高めようとするには、まず

・「相手が何に興味をもっているのか?」

・「相手が何に悩んでいるのか?」

これらを積極的に考えるようにしましょう。

そして、それに対して解決策を考え、提案してあげるようにしましょう。

そうすれば、おのずと周りの人は自分に付いて来てくれるようになります。

一貫性を高めるには?

3つ目は「一貫性」です。

一貫性とは、具体的には

自分の考えや信念を曲げない力

のことです。

自分の考えや信念がコロコロ変わる人ってどう思いますか?

あまり信用できないですし、不安で付いて行きたくないですよね・・・

なので、相手に安心感を与える意味でも

「自分の考えや信念はめったなことでは変えない」ようにしましょう。

以上の3つが「カリスマ性を身につけるための方法」になります。

職場でのコミュニケーションに悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さい。

もし職場の雰囲気が悪すぎるのなら

職場のコミュニケーションで悩んでる人のために

・「魅力的な人になるには?」

・「カリスマ性を高めるためには?」

これらの方法を紹介してきましたが

職場の周りのメンバーに恵まれなかった場合、あまり意味をなしません。

逆にストレスで精神的にやられてしまいます。

自分がいくら変わろとしても、周りが変わってくれないと意味がありません。

なので、チームの中に自分のストレスになるような存在がいるようなら

自分からその職場を離れるなどの対策をしたほうがいいです。

もし、すぐに離れることが無理という人でもストレスを受けないようにする対策はあります。

詳しい対策についてはこちらの「会社でのストレス・憂うつ対策!今すぐやっておいた方がいいこと!!」に書いたので、ぜひご覧ください。

記事は以上です。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。