お仕事ハック

仕事で嫌味を言われたら!嫌味にならずに良い印象を与える方法!!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

仕事において、周りから

「自分の印象を良くしたい」

そんなふうに思っている人は多いのではないでしょうか?

・「仕事で嫌味を言われた!

・「嫌味を言われたらどうしよう?」

自分といしては悪い印象を与えたつもりじゃないのに、周りから嫌味を言われてストレスを抱えている人もいると思います。

「良い印象を与える」というのは意外と難しいんですよね。

「自分はこんなにすごいことができるんだ」

このように、少しでも自慢が入ってしまうと、印象が悪くなってしまい

「へ〜すごいですね。尊敬します。」

などといったように、相手の機嫌を伺ってばかりだと、逆に舐められてしまいます。

じゃあどうすればいいのか?

今回は、「嫌味にならずに良い印象を与える方法」を紹介していきます。

・「仕事で自分を良く見せたい」

・「仕事で嫌味を言われたらどうしよう?不安だ」

そんなふうに思っている人は是非参考にしてみて下さい。

嫌味にならずに良い印象を与えるための3つの方法

嫌味にならずに印象を与えるにはどうすればいいのか?

これから、自分の印象を良くするために、効果的な方法を3つ紹介していきます。

これらの方法は、実際に、FBIが交渉するときに用いられるテクニックで

自分の印象を良く見せるテクニックとして、とても信憑性の高い方法になります。

最初に結論を言ってしまうと、「良い印象を与える方法」以下の3つです。

相手の話を深く聞いて、傾聴する

相手の感情に共感する

嫌味にならないように自己アピールをする

それでは、それぞれを詳しく説明していきますね。

①:相手の話を深く聞いて、傾聴してやる

1つ目の方法は「相手の話を深く聞いて、傾聴してやる」ことです。

傾聴(けいちょう)とは、相手の話にしっかり耳を傾けることです。

つまりは

相手に「自分の話をちゃんと聞いているな」と思わせるテクニック

のことです。

傾聴をしっかり行うことで、相手に信頼を得ることができ、良好な人間関係を築くことができます。

では具体的にどのようにすればいいのか?

効果的に傾聴を行うためには4つのポイントがあります。

それが以下の4つです。

口出し、反論は絶対にしない

短く定期的にうなずいてやる

相手の言ったことを短くまとめてやる

手短な質問を時々してやる

1つ目は「口出し、反論は絶対にしない」ことです。

「そうなんだ、でも俺はこう思うよ」「あっ、それ俺も知ってるよ」といった感じに

相手の話を聞くときは、口出し、反論はしないようにしましょう。

2つ目は「短く定期的にうなずいてやる」ことです。

相手の話を聞くときに、何もリアクションをしないのはNGなので

「うんうん」「ほうほう」などと、定期的に短くうなずいてやりましょう。これは相手の会話の節目節目に行うと良いです。

3つ目は「相手の言ったことを短くまとめてやる」ことです。

「つまりは、こうこう、こういうことですかね?」といったように、相手の言ったことを短くまとめて話しましょう。

この時のポイントは、「こういうことだね」と断定した言い方ではなく

「こうですかね?」相手にお伺いをするように言うことです。

そう言ったほうが、相手の気分を損ねにくいです。

4つ目は「手短な質問を時々してやる」ことです。

相手が話した内容に関して、短い質問を間に挟むことによって

「この人は自分の話を聞いてくれている」という印象を与えることができます。

傾聴するために、これら4つのポイントを意識して、相手の話を聞くようにしてみて下さい。

②:相手の感情に共感してやる

2つ目の方法は「相手の感情に共感してやる」ことです

相手の思っていること、感じていることを汲み取って、それに共感してやることが相手に良い印象を与えるのに非常に重要なんです。

共感してあげて、お互いの感情がシンクロしていると

「自分のことを理解してくれている」

といった感情になり、警戒心を解いてくれて良い印象を与えることができるんです。

なので、たわいのない話でも全然いいので、一緒に笑ったりすることも感情の共感にも非常に良いです。

③:嫌味にならないように自己アピールをする

3つ目の方法は「嫌味にならないように自己アピールをする」ことです。

相手に自分の印象を良くするには、「自己アピールを」がとても重要になってきます。

でも、自己アピールをしすぎると、嫌味に聞こえてしまう場合がありますよね。

なので、嫌味にならないように自己アピールをするのが必須条件です。

では、具体的にどうやって自己アピールをすればいいのか?

嫌味にならない自己アピールをするためのポイントは、以下の3つです。

相手の集中力が切れてる時に自己アピールをする

自己アピールは自分からは切り出さない

他人と比較せず、過去の自分と比較する

1つ目は「相手の集中力が切れている時に自己アピールをする」ことです。

これは、実際に、心理学の実験で証明されていることで

相手の集中力が切れている時に、自己アピールをすると、「嫌味に聞こえない」ということが分かっています。

これは、集中力が切れている時というのは、ネガティブなことは頭に入らず、ポジティブな情報しか入ってこないためです。

2つ目は「自己アピールは自分からは切り出さない」ことです。

自分から自慢話を切り出すよりも、会話の流れで振られてから、自慢話をしたほうが、はるかに印象は良いですよね。

なので、自己アピールをする場合は、何かきっかけがあった場合にするようにしましょう。

3つ目は「他人と比較せず、過去の自分と比較する」ことです。

他人と比較をする自己アピールではなく、過去の自分と比較する自己アピールをするようにしましょう。

例えば

「誰々と比べて自分はこういうところが優れている」

と言ったように、誰かと比較する自慢ではなく

「過去の自分はこうだったけど、努力してここまでできるようになった」

このように、過去の自分と比べて、どのように成長できたかなどの自己アピールをするようにしましょう。

「自分のことを話すのが苦手だ」という人は

下の記事に、自分のことを正しく話す「自己開示」のテクニックをまとめたので参考にしてみて下さい。

・「会社や仕事の人間関係の悩みを解消!正しく自己開示をする方法【疲れた・うんざり】

まとめ

以上が「嫌味にならずに良い印象を与える方法」になります。

最後におさらいとして、要点をまとめておきます。

まとめ

 相手の話を深く聞いて、傾聴する

 相手の感情に共感する

 嫌味にならないように自己アピールをする

いきなりすべてをやろうとすると、難しいかもしれません。

自分がやりやすいものから試してみて、一つを確実にマスターできたと思ったら次の方法を試すようにしてみて下さい。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。