お仕事ハック

プレゼンや発表など人前で話すときに緊張しない方法・コツを紹介!!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

社会人だと、プレゼンや朝礼など、何かしらの発表をする機会が多いかと思います。

しかし

・「人前だと緊張してしまって上手に喋れない」

・「緊張すると、話す内容が飛んでしまう」

そんな人も多いのではないでしょうか?

僕も昔は、人前で話すのが大の苦手で、大勢の前に立つと、上手く声が出なかったり

頭が真っ白になってしまい、喋る内容を忘れてしまうことが度々ありました。

ですが、今では大勢の前でも、さほど緊張せずに話すことができるようになりました。

プレゼンの時に緊張していることが、伝わってしまうと、それだけで相手を不安にさせてしまい、いくらプレゼンの中身が良くても、相手を説得できなかったりするんです。

なので、プレゼンや発表のときに、「いかに緊張しないで話せるか」というのはとても重要になってきます。

今回は、僕が実践してきた中でも、効果的だと感じた

「人前で話す時に緊張しない方法・コツ」をいくつか紹介していきたいと思います。

人前で話す時に緊張しない4つの方法・コツ

それでは具体的に「人前で話す時に緊張しない方法・コツ」を紹介していきます。

結論から言うと、緊張しないための方法・コツは以下の4つです。

緊張した時にリラックスしようと意識しない

少人数でいいので、対人で話す練習をしておく

プレゼン・発表するときは、なるべく部屋を暗くする

観客の情報を前もって調べておく

それでは、それぞれ詳しく説明していきますね。

①:緊張した時にリラックスしようと意識しない

1つ目は「緊張した時にリラックスしようと意識しない」ことです。

もしも、プレゼンや発表などで緊張してしまった場合に、多くの人がしてしまいがちなのが

「リラックスして、何とかして落ち着こうとする」

ことなんです。

これは、大学の研究でも分かっていることなんですが

人はリラックスして落ち着こうと、意識すればするほど緊張してしまう」

そうです。

では、もし緊張してしまったらどうすればいいのか?

そんな時に効果的なのが

自分は今、緊張しているのではない、やる気に満ちているんだ」

こう言うふうに、思い込むように意識することです。

じつは、緊張していること自体は、全然悪いことではないんです。

悪いのは、緊張していることが相手に伝わってしまうことです。

なので、緊張を抑えこもうとするのではなく、

緊張を「やる気に満ちている状態」と認識することがとても重要なんです。

緊張した時に、満ち溢れてきたエネエルギーを、「負のエネルギー」として捉えるのではなく

やる気に満ち溢れている「正のエネルギー」なんだと意識するようにして下さい。

「そんなことをやっても意味がなさそう」

そんなふうに捉える人もいるかもしれませんが、全然そんなことはです。

多くの人が、実際にこういった意識をやっていないだけなんです。

騙されたと思って試してみて下さい。

②:少人数でいいので、対人で話す練習をしておく

2つ目は「少人数でいいので、対人で話す練習をしておく」ことです。

人は誰でも、準備なし大勢の前で緊張しないで話すことはできないです。

なので、一対一でもいいので、普段から対人で話す練習をしておくことが非常に重要です。

このときに、「一対一でもいい」というのが肝で

「人は少人数でも大勢でも、緊張の度合いが変わらない」

からなんです。

つまり、少人数で話すことに慣れておけば、大勢の前に出ても大丈夫ということです。

例えば、「何かアイデアが浮かんだとき」「報告書をまとめたとき」でもいいので

誰かに対して、意見を話すということを習慣づけしてみて下さい。

これを意識して続けるだけでも、全然違ってきます。

③:プレゼン・発表するときは、なるべく部屋を暗くする

3つ目は「プレゼン・発表するときは、なるべく部屋を暗くする」ことです。

これはなぜかと言うと

 「人は暗いところでは緊張が抑えられるから」

です。

部屋を暗くすることで、発表者も、聞く人も、互いにリラックスした状態になることができます。

どうしても、部屋の明かりを暗くすることができない時はしょうがないですが

「プロジェクターを使いたい」などの理由をつけて、なるべく暗くした状態で、プレゼン・発表するようにしてみて下さい。

④:観客の情報を前もって調べておく

4つ目は「観客の情報を前もって調べておく」ことです。

前もって、話し相手の情報を調べておくことで話し手の緊張感が減少することが、大学の研究の結果でも分かっています。

人はどうして緊張するのかと言うと

「相手の素性が分かっていない」

という、未知に対する恐怖感によるところが大きいんです。

なので、相手の情報を前もって知っておくことで、その恐怖感が減少されるんです。

相手の情報は深いところまで調べなくてもOKです。

「どこの部署の人なのか」

「出身地などこなのか

「どんな性格なのか」

こういった、身の回りの軽い情報でも大丈夫です。

また、これらの情報を使う必要もないです。知っておくだけで大丈夫です。

以上が、「人前で話す時に緊張しない方法・コツ」になります。

いきなり全部をやろうとすると、しんどいと思うので、自分のやりやすそうな方法から試してみて下さい。

一つの方法が習慣化されて身についたと思ったら、次の方法を試してみて下さい。

ちなみに、プレゼンや発表など、日常での会話でも使えますが

相手に対して、「説得力を高めるテクニック」をこちらにまとめたので、よかったら参考にしてみて下さい。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。記事は以上になります。