お仕事ハック

親会社からの天下りは弊害でしかない!なぜ悪い?デメリット・問題点を解説

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

みなさん「天下り」についてどう思いますか?

しばしばニュースで取り上げられる天下りですが、多くの人が

「中途で退職した官僚が所管する団体や、関連する民間企業の重役ポストに再就職の斡旋を受けること」

こう言ったケースをイメージするかと思います。

しかし

「民間企業の親会社の上位幹部が、子会社の重役に就くこと」

こう言った場合も天下りと呼ばれるんです。

今回は、後者の「親会社から子会社にへの天下り」のほうの話をします。

タイトルにも書きましたが、親会社からの天下りは、弊害であるケースが多々あるんです。

でも、親会社からの天下りがなぜ悪いのか?

じつは、僕が以前在籍していた会社では、この天下りが多く見られました。

その結果、会社にとって利益なことは、ほぼほぼゼロで

在籍している社員にとっては、弊害以外の何ものでもなかったんです。

なので今回は、その経験から

「親会社からの天下りのデメリット・問題点」

などを紹介していきます。

もし、自分の会社の重役が、親会社からの天下りによって就いている人が多く見られるようなら要注意です。

当記事の内容

天下りのデメリットや問題点とは?

もし自分の会社が天下りの危険性を抱えているのなら

天下りのデメリットや問題点とは?

それでは具体的に、親会社からの天下りがなぜ悪いのか?

「天下りのデメリットや問題点」を紹介していきます。

僕が以前在籍していた会社から感じた、デメリットや問題点は、大きく分けると以下の4つです。

プロパー社員が管理職に就くことができない

仕事へのモチベーション低下

何かあると全て部下に放り投げる

天下りは会社破綻へのシグナルである

それでは、それぞれを詳しく説明していきます。

プロパー社員が管理職に就くことができない

1つ目は「プロパー社員が管理職に就くことができない」ことです。

ここで言うプロパー社員とは、自分の会社の元々いた社員のことを差します。

天下りによって、親会社の役職が、子会社(自分の会社)の重役に就いてしまうと、それだけで、自分の会社の役職ポストが埋め尽くされてしまうんです。

そうすると、プロパー社員がどんなに功績を上げたところで、役職へ就くことができません。

「天下りしてきた人達のせいで、出世コースは存在しない」

こういった状態に陥ってしまうんです。

仕事へのモチベーションが低下してしまう

2つ目が「仕事へのモチベーションが低下してしまう」ことです。

天下りで親会社から子会社へ移ってきた人というのは

「仕事への熱意がない」

そういった人が多かったりします。

全員が全員そうと言いませんが、少なくとも、僕が働いていた会社では

・「自分から積極的に仕事に関わろうとする、熱意がある人」

こういった人は、ほとんどいませんでした。

また、仕事のやる気のなさは、部下にも伝染します。

せっかくやる気のある若い社員が、こういった上司の影響でやる気をなくしてしまう恐れがあるんです。

何かあると全て部下に放り投げる

3つ目は「何かあると全て部下に放り投げる」ことです。

天下りで役職に就いた人は仕事への熱意がないので、当然、面倒なことが嫌いです。

仕事で何かトラブルがあると、自分はやっかいな面倒ごとに巻き込まれたくないので、部下に面倒ごとを放り投げる可能性が高いんです

僕がいた会社でも、トラブルごとは全て現場のせいにして、自分は面倒ごとに巻き込まれないようにすることに力を注いでいました。

天下りは会社破綻へのシグナルである

4つ目は「天下りは会社破綻へのシグナルである」ことです。

これは、今まで紹介して来たデメリット・問題点のまとめに近いのですが

「管理職に上がれないから、下の社員の仕事意欲がなくなる」

「トラブルは部下が請け負うので、部下の体やメンタルがやられてしまう」

「管理職のやる気がないから、若手社員の育成がおろそかになってしまう」

天下りは、こういったことに繋がる可能性があるので、将来的に、会社が破綻してしまう危険性が高いんです。

もし自分の会社が「天下り」の危険性を抱えているのなら

これまでに、「天下りのデメリット、問題点」を紹介してきましたが

もし少しでも、自分の会社にも当てはまると感じたのなら要注意です。

僕も、過去に同じような経験をしてきて、最終的には心身ともにやられてしまい

転職するという結論に至りました。

今となっては転職して大成功だったので良かったのですが。

なので、もし自分の会社に少しでも危機感を感じているのなら、手遅れになる前に

今すぐやっておくべきなのが

「職場を離れられる準備だけでもしておくこと」

です。

詳しい理由と、どうすればいいのかは、こちらの「会社でのストレス・憂うつ対策!今すぐやっておいた方がいいこと!!」にまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。