転職ノウハウ

公務員から民間企業への転職を後悔しない!成功させる方法を解説

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

「公務員から民間企業に転職するのって難しそう」

「公務員から民間企業への転職を考えてるけど失敗したくない!」

こんなふうに思っている人もいるかと思います。

僕も過去に、公務員から民間企業への転職経験があるので分かるのですが

公務員と民間企業って、業務内容や求められるものが変わってくるので、民間からの転職と比べると難しく感じることもありました。

しかし、ポイントさえ抑えておけば、そこまで恐れる心配はありません。

なので今回は、公務員から民間企業への転職を後悔しない、失敗しないために

「公務員から民間企業への転職を成功させる方法」をいくつか紹介していきます。

ちなみに、「公務員からの民間企業へ転職する場合のメリット・デメリット」については下記にまとめたので、よかったら参考にして下さい。

当記事の内容はこちら

公務員からの転職を成功させる3つのポイント

公務員におすすめの転職エージェントとは

公務員からの転職を後悔しない、成功させる3つのポイント

公務員から民間企業への転職というのは、民間からの転職と比べて多少勝手が異なるので「成功させるために気をつけるポイント」がいくつかあります。

これからそれを紹介していきます。

結論から言うと、成功させるポイントは以下の3つです。

公務員からの転職を成功させる3つのポイント

公務員に在職しながら転職活動を行う

転職エージェントを利用する

志望動機・自己PRをしっかり考えておく

では、それぞれを詳しく説明していきますね。

公務員に在職しながら転職活動を行う

1つ目のポイントは「公務員に在職しながら転職活動を行う」ことです。

「今の職場を辞めてからのほうが、転職活動に専念できる」

こう考える人もいるかもしれませんが、公務員からの転職となると、在職しながら転職活動をした方が絶対にいいです。

その大きな理由は

「公務員と民間企業のギャップに転職を考え直す可能性があるから」

です。

公務員と民間企業とでは「向いている人と向いていない人」がそれぞれ違います。

基本的に、公務員に向いている人というのは

「長期的に安定感を求める人」

一方、民間企業に向いている人というのは

「利益重視の実力社会に適応できる人」

こういった人です。

一度は転職を決意したものの、転職活動中にこれらのギャップを強く感じて

「やっぱり転職するのを止めたい」

こう思う人が必ず出てきます。

公務員から民間企業へ転職する際のメリット・デメリットに関しては、以下の記事にまとめましたが

前もって理解したつもりでも、いざ転職活動をしてみると「やっぱり転職するのは間違っている」と気持ちを改める人も少なくありません。

そうなってからでは遅いので、公務員を辞めてから転職活動をするのではなく

リスクを回避できるように、「公務員に在職しながら転職活動をする」のを絶対におすすめします。

転職エージェントを利用する

2つ目のポイントは「転職エージェントを利用する」ことです。

「転職サイトやハローワークを利用して転職活動しちゃダメなの?」

こう思う人もいるかもしれません。

転職エージェントを利用すべきなのには、2つ理由があります。

それが

「在職中の転職活動の負担を最小限にするため」

「自分に合った質の高い求人を見つけるため」

この2つです。

先述で、「公務員に在職しながら転職活動をする方がいい」と言いましたが

公務員に在職しながら転職活動をするには、転職エージェントが必須と言っても過言ではありません。

仮に、転職サイトを利用して

・「自分で求人を見つける」

・「応募するために履歴書・職務経歴書を書く」

・「面接の対策をする」

これらのことを、在職しながらやろうと思うと、想像以上にハードになってきます。

しかし、転職エージェントを利用することで、これら全てのことをプロのアドバイザーの人が二人三脚でサポートしてくれて、負担を最小限に抑えてくれます。

また、転職サイトやハローワークだと、数ある求人中から、自分で転職先を見つけないといけないため

「自分に合ったベストな求人」を見つけることが困難になってきます。

なので、「質の低い求人」に当たってしまう可能性が、正直なところ高いんです。。

なので、「自分に合ったベストな求人」「質の高い求人」これらを探し出すためにも、転職エージェントの利用は必須です。

志望動機・自己PRをしっかり考えておく

3つ目のポイントは「志望動機・自己PRはしっかり考えておく」ことです。

公務員から転職する場合、民間企業側からは

「仕事に対するスピード感がなんじゃないのか?」

「チャレンンジ精神や向上心が低いんじゃないのか?」

「利益追求の企業環境になじめないんじゃないのか?」

こういった疑問を持たれがちなのが、正直なところです。

なので、これらを払拭するような「志望動機」「自己PR」を考えておく必要があります。

では具体的にどうすればいいのか?

「志望動機」「自己PR」を考えるときのポイントをいくつ紹介します。

志望動機のポイントは

「志望動機のポイント」

公務員でなはくどうして民間企業なのか?理由を明確にしておく

公務員の不平不満は絶対に言わない

この2つです。

まずは、「公務員ではなく民間企業ではないといけない」という理由をはっきりしておくと良いです。

「公務員が嫌だから民間企業の方がいい」といった、消極的なの考え方ではなく

「自分のやりたいことは民間企業でしかでしかできない」といったように積極的な志望動機にすると良い印象を与えることができます。

ちなみに内容は具体的であればあるほど良いです。

次に「公務員の不平不満は絶対に言わない」ことです。

・「公務員は決まったことしかやれないからつまらない」

・「公務員は能力に見合った昇給ができなくて不満だから」

このようなことを言ってしまうと、マイナスなイメージしか持って貰えません

たとえ本当にそう思っていても、絶対に公務員の不平不満は言わないようにしましょう。

自己PRのポイントは

「自己PRのポイント」

自分のできる仕事や持っているスキルアピールする

チャレンジ精神・向上心があることを伝える

この2つです。

まずは「自分のできる仕事や持っているスキルを伝える」ことです。

公務員はこれといった専門スキルを持っている人が少なく、戦力にならないんじゃないのかといった印象を持たれがちです。

でも実際はそんなことはなく、公務員の時の仕事の経験は、民間企業でも活かせることが多かったりします。

なので、公務員時代はどんな仕事をしてきたのか?その仕事は民間企業でどう活かせるのか?

これをしっかりと面接官に伝えるようにしましょう。

次に「チャレンジ精神・向上心があることを伝える」ことです。

利益を追い求める必要がないという公務員の仕事柄、どうしてもチャレンジ精神・向上心があるのか疑われがちです。

なので

・「自分は会社に貢献できる」

・「未知の仕事でも積極的にやれる」

こういったような感じに、チャレンジ精神・向上心があることをアピールできるようにしておきましょう。

公務員におすすめの転職エージェントとは

公務員からの転職を成功させるポイントの一つとして

「転職エージェントを利用する」と言いましたが

具体的に、どの転職エージェントを利用すればいいのか?

これを最後に紹介しておきます。

結論から言うと

おすすめの転職エージェントは

文句なしに、「【リクルートエージェント】 」です。

理由としては、取り扱っている「求人数」「求人の質」や「アドバイザーの質」など

他の転職エージェントと比較すると、群を抜いているからです。

なので、初めて転職エージェントを利用するなら絶対に「【リクルートエージェント】 」をおすすめします。

ちなみに

・「転職するかどうか分からない」

という人にとっても、転職エージェントは最適です。

下の画像は大手転職エージェントの「リクルートエージェント」内の疑問コーナーの1文なのですが

赤枠に書かれている通り

転職しようか悩んでいる」というスタンスで全然大丈夫なんです。

転職エージェントは、転職の意思が固まっていなくても、「転職しようか悩んでる」という人に向けてプロのアドバイザーがキャリアカウンセリングをしてくれます。

自分の職歴職場で置かれている状況などを相談することで、自分が今転職すべきなのか、適切なアドバイスをしてくれます。(もちろん無料です)

【リクルートエージェント】

リクルートエージェントの「登録手順」「その後の流れ」をまとめたので、参考にしてみて下さい。

記事は以上になります。

公務員からの転職を後悔させないためにも、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしてみて下さい。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。