転職ノウハウ

公務員から転職する場合、20代、30代、40代での成功・失敗の難易度を解説!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

「公務員から転職を考えているけど、現実的に考えて何歳まで可能なんだろう?」

こういった疑問を持っている人もいるかと思います。

僕は過去に、公務員から民間企業に転職した経験があるのですが

公務員から民間企業への転職は、民間からの転職比べて、「少しハードルが高くなる」と言うのが正直な感想です。

しかし、いくつかポイントさえ抑えておけば、公務員からでも転職は全然可能です。

ただ、年齢が上がるにつれて転職が難しくなり、成功難易度も変わってきますので

今回は、20代、30代、40代公務員からの転職の難易度がどの程度変わるのか?

それぞれを詳しく解説していきます。

公務員からの転職を現実的に捉えて、「成功したい」「失敗したくない」と思っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

当記事の内容はこちら

20代に公務員から転職する場合

30代に公務員から転職する場合

40代に公務員から転職する場合

20代に公務員から転職する場合

まずは「20代に公務員から転職する場合」です。

公務員からの転職が、民間からの転職よりも難しいと言っても、20代ならばハードルはかなり低いです。

なぜなら今は、かつてないほどの「売り手の転職市場」だからです。

しかし、公務員からの転職となると「メリット・デメリット」があります。

なので、そのへんをしっかりと吟味してから、転職を決意するようにしましょう。

「公務員から転職する場合のメリット・デメリット」については、以下の記事にまとめました。

30代に公務員から転職する場合

次に「30代に公務員から転職する場合」です。

30代になってくると

「20代に比べると転職のハードルがグッと高くなる」

これが正直なところです。

30代で、一気にハードルが上がってしまう大きな理由としては

企業側が「即戦力になる人材」を求めるようになるからです。

公務員に勤めていると、民間企業に比べて、どうしても「専門スキルが身についていない」というイメージを持たれがちになってしまいます。

また、チャレンジ精神や向上心が本当にあるのか?

公務員だと、こういう風に疑われやすかったりするんです。

しかし、だからと言って30代で公務員から転職するのは決して無謀ではないです。

20代と比べてハードルが上がるだけで、ポイントさえ抑えておけば、十分可能です。

「30代で転職する場合のコツや準備しておくこと」については下記の記事にまとめたので、参考にしてみ下さい。

40代に公務員から転職する場合

最後に「40代に公務員から転職する場合」です。

正直なところ、40代での公務員から転職は、条件を下げないと難しくなってきます。

以下の2点は覚悟しておかなければいけません。

収入面でかなりのベースダウンを余儀無くされる

民間企業に活かせるスキルが必要になってくる

まずは、収入面です。

公務員は年功序列の傾向が強いので、40代と年齢をそれなりに積み重ねると、年収も上がってきます。

なので、職種にも寄りますが、40代の公務員の平均年収が600万くらいと言われています。

なので、そこから民間企業に転職となると、100万以上の収入ダウンは覚悟しておいたほうがいいと思います。

また、40代と言うと、管理職に就く人が多くなる年代です。

管理職となると、30代以上に経験やスキルが要求されるので、もし40代で転職したいと思うのなら、何か潰しの効くスキルが必要になってきます。

ちなみに、以下のような専門的なスキルを有している場合、40代であっても転職が比較的楽になってきます。

「専門スキルを有してる公務員と転職先」

教師塾講師・予備校講師

税務署職員税理士

医療機関職員医師・看護師

 研究員民間研究職

 法務局職員司法書士・行政書士

 国有財産管理官不動産鑑定士

公務員でも、これらの職業の人達は、潰しの効くスキルを持っているので、民間企業でも転職が非常にしやすいです。

どの年代でも「転職エージェン」の利用は必須!

20代、30代、40代と、公務員から転職する場合の難易度をそれぞれ説明してきましたが

どの年代でも、一つだけ断言できることは

「転職エージェントの利用は必須」

ということです。

大きな理由は以下の3つです

 「公務員からの採用実績が高い優良企業を紹介してもらえる」

「職務経歴書・履歴書の書き方、面接のアドバイスなど手取り足取り教えてくれる」

「現職を続けながら転職活動ができる」

これらは、転職サイトでは無理なことなので、公務員から民間企業に転職を考えているのなら、「転職エージェント」一択だと思います。

ちなみに

「転職するかどうか分からない」

という人にとっても、転職エージェントは最適です。

下の画像は大手転職エージェントの「リクルートエージェント」内の疑問コーナーの1文なのですが

赤枠に書かれている通り

「転職しようか悩んでいる」というスタンスで全然大丈夫なんです。

転職エージェントは、転職の意思が固まっていなくても、「転職しようか悩んでる」という人に向けてプロのアドバイザーがキャリアカウンセリングをしてくれます。

自分の職歴職場で置かれている状況などを相談することで、自分が今転職すべきなのか、適切なアドバイスをしてくれます。(もちろん無料です)

40代の人でも転職を諦める前に、プロのアドバイザーに相談しみて下さい。

今の自分のキャリアで転職するべきなのか、的確にアドバイスをもらうことができます。

ちなみに、おすすめの転職エージェントは

文句なしに、「【リクルートエージェント】 」です。

取り扱っている「求人数」「求人の質」や「アドバイザーの質」などなど、他の転職エージェントと比較すると、群を抜いているからです。

なので、初めて転職エージェントを利用するなら「【リクルートエージェント】 」をおすすめします。

【リクルートエージェント】

リクルートエージェントの「登録手順」「その後の流れ」をまとめたので、参考にしてみて下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。