お仕事ハック

社畜サリーマンから脱出!社畜にならない6つの方法!!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

社畜とは簡単にいうとサービス残業や転勤を厭わない、会社の奴隷(家畜)と化した状態の会社員のことです。

もちろん、世のサラリーマンの人達は、好きこのんで社畜になっているわけじゃないですよね…

「こんなつもりじゃなかったのに」

「もっと生き生きと働きたいのに」

ほとんどが、こう思っていると思います。

そこで今回は、すでに社畜状態になったいる人、これから社畜になりたくない人のために「社畜から脱出する方法」について書いていきます。

ちなみに自分が今、社畜の状態なのかいまいち分からないという人は、こちらに社畜度を診断するツールを作成したのでよかったら参考にして下さい。

社畜サラリーマンから今すぐ脱出すべき理由

社畜にならない方法を紹介する前に、まず、どうして今すぐ社畜から脱出すべきなのかを話しておきます。

もし、「そんな話はいいや」という人は読み飛ばしちゃって下さい。

なぜ今すぐ社畜から脱出すべきなのか、そのいちばんの理由は

「心身共にぼろぼろになるのを防ぐため」

です。

残業や休日出勤などの長時間労働を続けいていると、知らず知らずのうちに疲労やストレスが蓄積していっています。

そしてある日突然、心や体の病気を発症することだってあります。

「自分はメンタル強い方だから大丈夫」という人もほんとに要注意です。

社畜の状態が続いてしまうとどんなにメンタルが強くても、ちょっとしたことでうつ病になってしまいます。

そして、うつ病はサラリーマンにとって本当に厄介なんです。

僕は以前、サービス残業や休日残業が当たり前の典型的なブラック企業に数年勤めており、メンタルをやられて休職をしていた時期がありました。

その時は、もとの仕事に戻るのも大変でほんとーに地獄でした。

なので、大切なのは

「自分の状態を客観的に把握しておくこと」

「社畜にならないための方法を前もって身につけておくこと」

この2つです。

なので、まずは自分が今社畜の状態なのかどうか判断して、社畜にならないための方法を身につけおくことが重要です。

社畜にならない方法を6つ紹介

それでは具体的に「社畜にならない方法」を紹介していきます。

結論からいうと、その方法とは以下の6つです。

社畜にならない6つの方法

けっして完璧主義にならない

客観的に自分を見てくれる人を作る

自分のキャパを把握して断る勇気を持つ

夢中になれる趣味を持つ

睡眠時間はなるべく確保する

転職という逃げ道を作っておく

では、それぞれ詳しく説明していきますね。

①完璧主義にはならない

1つ目の方法は「完璧主義にならない」ことです。

「何でも完璧でないと気がすまない」こういう状態を完璧主義というのですが、これに陥ってしまうとメンタルにものすごく悪影響です。

「仕事を100%こなさないといけない」

「周りの全員からよく思われたい」

こういった感情も完璧主義からくるもので、仕事でも100%を目指してしまうと社畜状態に陥ってしまいます。

100%を目指してしまうと、なかなか先に進むことができずに、もの事をコツコツこなすことができなくなってしまうんです。

なので、80%くらいを目指すようにしましょう。

仕事で完璧主義になりがちだと言う人は、こちらの記事に対策法を書いたので、参考にしてみて下さい。

②客観的に自分を見てくれる人を作る

2つ目の方法は「客観的に自分を見てくれる人を作ること」です。

社畜状態に陥ってしまっている人というのは、今の自分の状態を客観的に見ることができなくなっています。

サービス残業や休日出勤をしても感覚が麻痺してしまっており、思考停止状態に陥ってしまいます。

その状態がおかしいと気づいていないんですよね…

なので、友人でも、奥さんでもいいので、自分の状態を客観的に判断してくれる存在を作って下さい。

そして、その人達に愚痴でもいいので、なるべくたくさん仕事の近況報告をするようにしましょう。

そうすることによって、あなたが社畜状態にあることに気づいてくれます。

ちなみに、同じ会社の人ではない、自分の仕事とはかけ離れた人にしましょう。そうでないと自分の状態を客観的に判断することができないので。

③自分のキャパを把握して断る勇気を持つ

3つ目の方法は「自分のキャパを把握して断る勇気を持つ」ことです。

「人に頼み事をされると断れない」なんてことになっていないですか?

確かに、誰かが困っていたら助けてあげたくのはすごく分かります。

でも、何でもかんでも仕事を引き受けてしまい、自分の本来の仕事をこなすことができなくってしまっては本末転倒です。

自分がこなせるキャパシティをしっかり把握しておかなければ、仕事がなかなか終わらなくなってしまい社畜状態の陥ってしまいます。

誰かに仕事を頼まれても、時にはしっかり断ることも勇気です。

④夢中になれる趣味を持つ

4つ目の方法は「夢中になれる趣味を持つ」ことです。

社畜状態に陥っている人というのは、「特に夢中になれる趣味を持っていない」という人が意外に多かったります。

仕事でお金を稼いでも、趣味に使うでもなく、目的もなく貯金をしている人ばかりだったりするんです。

なので、仕事以外に目を向けるためにも夢中になれる趣味を見つけるようにしましょう。

⑤睡眠時間はなるべく確保する

5つ目の方法は「睡眠時間はなるべく確保する」ことです。

社畜状態から脱出するには、睡眠時間は確保する必要があります。

残業や休日出勤で麻痺状態になってしまった脳を、しっかり睡眠をとることで悪化しないようにしてやらなければなりません。

しかし「仕事ばっかりで睡眠時間を確保することができない」と嘆く人もいると思います。

そういう人は、なるべく睡眠の質を上げるようにしてやって下さい。

⑥転職という逃げ道を作っておく

6つ目の方法は「転職という逃げ道を作っておく」ことです。

これまで5つの方法を紹介しましたが、最後のこの方法が個人的に一番効果的だと思います。

それななぜかというと

「逃げ道があると分かると精神的にグッと楽になるから」

です。

社畜状態に陥ってしまっている人はよく

「会社を簡単に辞めてしまってはダメだ」

「今の会社を辞めてしまったら自分はダメになる」

という思考になりがちですが、全くもって全然そんなことありません。

むしろ今の状態を続けている方がずっと危ないです。

何も今すぐ転職しろというわけではなく、「逃げ道だけ先につくっておく」というのが重要なんです。

詳しくは下の記事に書いたのでよかったら参考にして下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。