転職ノウハウ

強みが分かる!リクナビネクストのグッドポイント診断とは?【適職診断】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。

転職活動を行う上でとても重要なのが自己分析です。

「自分にはどんな強みがあるのか?」

「自分に適した職業は何なのか?」

人にはそれぞれ強みや適職がありますが、自分のことを客観的に把握するのはなかなか難しく、自己分析を上手くできない人が多かったりします。

そんな時にぜひ利用してもらいたいのが、リクナビNEXT(ネクスト)の「グッドポイント診断」です。

グッドポイント診断は無料で簡単に「自分の強み」の洗い出しを行なってくれる自己分析ツールになります。

今回は、リクナビNEXT(ネクスト)のグッドポイント診断の特徴や使い方などを紹介していきます。

これから転職活動を検討している方や、すでに転職活動中の方も、自己分析にとても役立つツールなのでぜひ参考にしてみて下さい。

『グッドポイント診断』はこちらから

グッドポイント診断とは?

まず最初に「グッドポイント診断とは何なのか?」サービス内容の概要について説明しておきます。

グッドポイント診断とは、株式会社リクルートが運営する大手転職サイト「リクナビNEXT(ネクスト)」の中で利用できる自己分析ツールになります。

いくつか選択式の質問に答えていくだけで、「自分の強み」を正確に診断してくれます。しかも無料で行うことができます。

グッドポイント診断の結果をもとに「面接でのアピールポイント」「履歴書の自己PR」にも活用が可能なので、転職活動の際の自己分析には非常に役立つツールです。

「客観的に自分の強みを把握したい」と言う人にはもってこいなのでぜひ活用してみて下さい。

『グッドポイント診断』はこちらから

グッドポイント診断の特徴

次に「グッドポイント診断の特徴」をいくつか紹介していきます。

グッドポイント診断の特徴は、以下の4つになります。

グッドポイント診断の特徴

リクルート独自のノウハウが詰まっている

 18種類の中からあなたの強みを5つ厳選

診断結果はリクナビNEXTでの応募時に添付が可能

無料で利用可能

ではそれぞれ詳しく説明していきます。

リクルート独自のノウハウが詰まっている

1つ目は「リクルート独自のノウハウが詰まっている」ことです。

グッドポイント診断は、運営会社であるリクルートが持つ独自のノウハウを生かして開発された本格的な自己診断ツールになります。

リクルートはもともと、就職活動をしたことある人なら誰でも知っている「SPI」という就職時に使われる適正テストを開発した企業なので、このグッドポイント診断にもそのノウハウが盛り込まれています。

無料で利用できる自己診断ツールは他にもいくつかありますが、リクルートみたいなノウハウが詰め込まれており、莫大なデータによって裏付けらた正確な診断を行なってくれるツールはなかなかありません。

18種類の中からあなたの強みを5つ厳選

2つ目は「18種類の中かからあなたの強みを5つ厳選」してくれることです。

グッドポイント診断では、自己分析の結果を18種類に分けられた強みのカテゴリーの中から、5つを厳選して結果を出してくれます。

ちなみに18種類の強みのカテゴリーは、以下のとおりになります。

18種類の強み』

「親密生」「冷静沈着」「受容力」「決断力」「悠然」「柔軟性」「現実思考」「自己信頼」「バランス」「社交性」「高揚生」「自立」「慎重生」「俊敏生」「継続力」「挑戦心」「感受性」「独創性」

5つの強みに対してそれぞれ客観的に診断した内容が細かく書かれているので、今まで自分でも気付くことができなかった長所を見つけることも可能です。

『グッドポイント診断』はこちらから

診断結果はリクナビNEXTでの応募時に添付が可能

3つ目は「診断結果はリクナビNEXTでの応募時に添付が可能」なことです。

グッドポイント診断で出た結果は、そのままリクナビNEXT(ネクスト)で求人応募をする際に添付が可能です。

なので企業に直接、自分の応募意欲の高さをアピールすることができます。

実際にグッドポイント診断を受け取った企業も

「職務経歴書や履歴書だけでは読み取れない個人の性格や価値観なども診断結果を見ることによって人物像をイメージしやすくなった」

「面接時の話題に使えて、実際に好印象を持つことができた」

などのコメントが寄せられているため、グッドポイント診断の結果が応募の際に添付できることは、自己アピールが苦手な人にとっても非常に有効なことだと感じました。

無料で利用可能

4つ目は「無料で利用可能」なことです。

グッドポイント診断は、SPIテストを開発した独自のノウハウが詰め込まれているにも関わらず、リクナビネクストに無料登録するだけでツールを利用することができます。

無料で利用できる自己診断ツールは他にもありますが、これだけ信頼性の高い診断が無料で行えるものはなかなかないため、グッドポイント診断のみの利用だけでもリクナビネクストに登録する価値は十分にあるかと思います。

『グッドポイント診断』はこちらから

グッドポイント診断の使い方

次に「グッドポイント診断の使い方を説明してきます。

グッドポイント診断を受ける基本的な流れは、以下のとおりになります。

まずはグッドポイント診断を利用するために、リクナビNEXT(ネクスト)のグッドポイント診断のページに移動します。

『グッドポイント診断』はこちらから 下図のように、グッドポイント診断のページが開けたら、次にリクナビNEXT(ネクスト)の無料登録を行います。「会員登録して診断スタート」のボタンから進めることができます。

リクナビNEXT(ネクスト)の会員登録の流れに沿って登録を行なっていきます。登録は完全無料で3ステップで簡単に完了するので安心です。

ちなみに、登録時にメルマガ受信のチェックを外しておけば、メルマガが送られてくることはないので、受け取りたくない人はチェックを外しておいて下さい

リクナビNEXT(ネクスト)の無料登録が完了したら、下図のように「左上のリクナビNEXTのマーク」からトップページに移動します。

トップページが表示されたら、下の方にスクロールしてやると、「グッドポイント診断」のコンテンツがあります。そこからグッドポイント診断をスタートできます。

グッドポイント診断は結果を正確に出すために質問数が200問以上あります。少し多く感じるかもしれませんが、選択式なので直感で答えていけば意外と早く終わります。

それでも数十分は時間は使うので、ある程度時間が取れる時にやった方がいいかもしれません。(自分がやったときはだいたい20分くらいでした)

以上がグッドポイントを始めるまでの流れになります。

『グッドポイント診断』はこちらから

グッドポイント診断を利用する際の注意点

グッドポイント診断はリクナビNEXTに登録すれば無料で受けることができますが、1つ注意点があります。

それは、診断は一人一回までしか受けられないということです。

正確に言うと、1つの登録につき1回までです。もし、もう一度受け直したいという場合は違うアドレスで登録し直せば診断を受けることが可能です。

グッドポイント診断はストレス・憂鬱対策にも効果的!

基本的にグッドポイント診断は転職活動の際の自己分析などの目的で利用されますが、実は会社のストレスや憂鬱対策としても効果的です。

どうして効果的なのか?

それは、グッドポイント診断によって「自分の強みを明らかにする」という行為によってストレスや憂鬱な感情が軽減されるからです。

鬱の状態になっている人の大きな特徴として挙げられるのが、「自己否定が強い」ことです。

自分は何をやっても失敗ばかりだ

自分には取り柄がない

他人と比較してしまい自分が惨めに感じる

などなど、ストレスが溜まっている時や憂鬱な時はとにかく自分を否定することばかり考えてしまいます。

自分にも強みはあるはずなのに、鬱になってしまうと、自己否定によってそれが全部隠れてしまうんです。

そんなときに必要になってくるのが、第三者による客観的な判断による「長所の抽出」です。

そしてその「第三者の客観的な判断」で長所を抽出してくれるのに最適なのが、グッドポイント診断というわけなんです。

グッドポイント診断を行うことにより「自分にはこういった強みがある」とはっきりと明確化され、段々と自己否定をしなくなります。そして、それに伴い憂うつな感情も薄れていくようになります。

もし、ストレスが溜まりがちな人や毎日憂鬱で仕方ないと言う人はぜひグッドポイント診断を試しにやってみて下さい。

『グッドポイント診断』はこちらから

グッドポイント診断の上手な活用方法

自己分析ツールとして非常に優秀なグッドポイント診断ですが、診断結果を上手に活用できなければ意味がありません。

そこで「グッドポイント診断の結果を上手に活用する方法」を紹介します。

グッドポイント診断を有効的に活用する方法は、以下の4つになります。

グッドポイントの上手な活用法

応募書類作成時に活用する

面接時の自己PRに活用する

リクナビNEXTの応募時に添付する

転職エージェントに診断結果を利用してもらう

応募書類作成時に活用する

1つ目は「応募書類作成時に活用する」ことです。

求人応募する際には履歴書等の応募書類も作成しなくてはいけませんが、自己PRの欄など何を書いていいか迷ってしまう人も多いかと思います。

そんな時にグッドポイント診断の自分の強みが役に立ちます。

グッドポイントの診断結果は、第三者目線で具体的に書かれており、かつ稚拙な内容ではないため、そのまま自己PRに記載することが可能です。

履歴書の自己PRの内容に困ったときは、ぜひグッドポイント診断を活用してみて下さい。

面接時の自己PRに活用する

2つ目は「面接時の自己PRに活用する」ことです。

転職活動の中でも面接が苦手という人も多いのではないでしょうか?

とくに自分の長所を述べて下さいと言われた時に、自分の長所を上手く言語化できずにアピールできなかったという経験をした人も少なくないはずです。

グッドポイント診断は第三者目線であなたの強みを明確化してくれるため、そのまま面接時の自己PRとして利用することができます。

また診断結果を見ていると、面接時に話せそうな仕事のエピソードを思い出すことも多いので、自分らしい強みを伝える体験談の材料としてグッドポイント診断はとても有効です。

リクナビNEXTの応募時に添付する

3つ目は「リクナビNEXTの応募時に添付する」ことです。

グッドポイント診断はリクナビNEXTに掲載されている求人に応募する場合、そのまま診断結果を添付して応募することが可能です。

グッドポイント診断の結果を受け取った企業からは、「診断結果を添付してくれたことから応募意欲の高さをとても感じたので実際にお会いして面接で詳しく聞いてみることしました」という意見もあるので、診断結果をそのまま応募時に添付するのも有効的な活用方法です。

転職エージェントに診断結果を利用してもらう

4つ目は「転職エージェントに診断結果を利用してもらう」ことです。

転職エージェントにグッドポイント診断の結果を伝えるのも有効的な手段です。

転職エージェントは転職希望者の推薦文を企業に送らなければいけないのですが、転職者の人間性をしっかりと理解していないとしっかりした推薦文を書くことできません。ましてや数回会った程度ではその人のことを理解するは難しいです。

そんな時にグッドポイントの診断結果があれば、その結果をもとに転職エージェントがその人の人間性をしっかりと把握することができ、ありきたりな推薦文にならずにすみます。

転職エージェントには、初回の面談時にグッドポイント診断の結果を持参して渡せばOKです。「この内容を参考に推薦文を作って欲しい」とお願いすれば大丈夫です。

ちなみに、転職エージェントは転職活動を本格的にするのなら必須とも言えるので、まだ利用していない人はぜひ活用するようにして下さい。

「おすすめの転職エージェント」に関しては、以下の記事で詳しく説明しているのでよかったら参考にしてみて下さい。

『グッドポイント診断』はこちらから

グッドポイント診断から自分の弱みを読み解く

面接などの自己PRでは、自分の強みを伝えることはもちろん重要ですが、逆に自分の弱みをちゃんと理解しているかと言うのも面接官は見ています。

なので、自分は何が苦手なのかということもしっかり把握しておくことも重要なんです。

ではどうやって自分の弱みを把握すればいいのか?

弱みに関してもグッドポイント診断から明らかにすることが可能です。

グッドポイント診断では「自分の強み」のみが結果としてアウトプットされますが、この強みから自分の弱みを読み解くこともできます。

例えば、以下のように診断結果の強みを弱みに置き換えてみて下さい。

例:挑戦心がある競争意識が強すぎるため周囲と上手く協力するのが苦手

例:独創性があるオリジナリティはあるがマイペースすぎて周りへの関心が少ない

例:俊敏性がある物事を早く進める能力はあるが、慎重さに欠ける

例:柔軟性がある柔軟に対応できるが、強い意志を通すのが苦手

これらはほんの一例ですが、グッドポイント診断で診断された結果を元に強みを弱みに変換することが可能です。

面接や履歴書の自己PRでは、つい長所に目が行きがちなってしまいますが、自分の短所についてもしっかり把握するようにしておきましょう。

『グッドポイント診断』はこちらから

自分の強みを見つけるにはストレングスファインダーも有効的

すでにご存知の方もいるかと思いますが「ストレングスファインダー」も自分の強みを見つけるための有効的なツールです。

ストレングスファインダーとは米国のギャラップ社が開発したオンライン型の「才能診断ツール」のことです。

ストレングスファインダーにおいて才能は「無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン」というように定義されており、177個の質問に答えていくだけで、自分の強みが分かるというものになっています。

具体的にストレングスファインダーの診断を行うには、以下のような方法があります。

ギャラップ社のWebサイトで実施する

1つ目は「ギャラップ社のWebサイトで実施する」方法です。

ギャラップ社の公式サイトにアクセスして、そこからストレングスファインダーの診断を行うためのアクセスコードを購入することによって実施が可能です。

提示してくれる資質の表示数によって値段が変わってきますが、34資質のうちのトップ5までの表示が可能なアクセスコードは税込2340円で購入することができます。

アクセスコード付きの書籍を購入して実施する

2つ目は「アクセスコード付きの書籍を購入して実施する」方法です。

ストレングスファインダーの診断を受けることができるアクセスコードが付いている書籍が売っているため、そちらを購入して診断を受けることが可能です。

専用アプリから実施する

3つ目は「専用アプリから実施する」方法です。

ストレングスファインダーの診断はスマートフォンのアプリからも実施することができます。

iphone端末とAndroid端末のどちらにも対応しているため、それぞれのアプリストアからダウンロードが可能です。利用にはクレジットカードを登録する必要があります。

『グッドポイント診断』はこちらから

まとめ

リクナビNEXTから実施できる「グッドポイント診断」について詳しく説明してきましたが、自分の強みや弱みをしっかり把握しておくことは転職活動においてとても重要です。

グッドポイント診断は、無料かつ信頼性のある結果をアウトプットしてくれる優秀な自己診断ツールなので、まだ実施していないという人はぜひ試してみて下さい。

『グッドポイント診断』はこちらから