転職サイト/転職エージェント

リクナビネクストの「応募しませんか」「面接に来ませんか」とは?【企業からの気になる】

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。

リクナビNEXT(ネクスト)は求人数と質ともに業界最大手の転職サイトです。

リクナビネクストには転職に役立つ機能が数多く備わっていますが、その中でも「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」といったスカウトのメールが届く「企業からの気になる」機能があります。

今回はリクナビネクストの「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」について詳しく説明していきます。

これからリクナビネクストに登録する人や、すでに利用中でそれぞれのスカウトメールの違いや概要を知りたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

リクナビネクストの「企業からの気になる」とは?

まず最初に「企業からの気になる」とはどういったものなのか?詳しく説明していきます。

「企業からの気になる」とは、リクナビネクストで企業求人を閲覧したり、企業求人に対して「気なる」ボタンを押した際に、ユーザーの登録したレジュメ情報と企業があらかじめ設定した条件とマッチした場合に企業から届くスカウトメールのことです。

「企業からの気になる」が届いた場合、以下の画像のとおり、トップページ左端の気なるリストをクリックして、企業からの気になるのタブを開くと見ることができます。

「企業からの気になる」 には、大きく分けると以下の2種類のメールがあります。

「企業からの気になる」の種類

「応募しませんか?」

「面接に来ませんか?」

では、それぞれ詳しく説明します。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

「応募しませんか?」とは

「企業からの気になる」に届いたスカウトメールの中に、上図のような「応募しませんか?」という題名のついたメールがあります。

この「応募しませんか?」というメールは、ユーザーが企業求人を閲覧したり、求人に対して「気になる」ボタンを押した場合、ユーザーの登録されているレジュメ情報(勤務地や職種)と企業があらかじめ設定したい条件がマッチした場合に自動的に送られてくるメールになります。

求人情報を掲載している企業からの「あなたにぜひ応募してもらいたい」という意思表示ですが、正直なところ勤務地がマッチしただけでも送られてくるため、それほど重要なメールではありません。

求人情報を閲覧したり、「気になる」をクリックするだけで頻繁に送られてくるため、採用に有利というわけではありません。実際に「応募しませんか?」というスカウトメールから求人応募をしても普通に不採用になったりします。

「応募しませんか?」というスカウトメールの中でも、企業がユーザーに対して興味を持っている度合いによって、以下の3種類に分けられます。

ピンク色の応募しませんか?」(興味度合い高い

青色の応募しませんか?」(興味度合い普通

コメント付きの応募しませんか?」(興味度合い低い

上図のように、応募しませんか?の部分がピンク色の場合は、企業のユーザーに対する興味度合いが1番低いです。

このピンク色の応募しませんかのメールは、求人情報に対してユーザーが気になるボタンを押した場合に届くスカウトメールになっています。

このメールは登録情報がマッチすれば送られてくるので、正直なところ真剣に見なくてもよいでしょう。

上図のように、応募しませんか?の部分が青色の場合は、企業のユーザーに対する興味度合いがピンク色よりも高いです。

青色の応募しませんかは、ユーザーが企業求人を閲覧した際に、求人情報がユーザーの設定した情報にマッチした場合に送られてくるメールになります。

こちらのメールもピンク色の応募しませんかと同様に、さほど重要なメールではないのため真剣に見なくてもよいでしょう。

上図のように、「応募しませんか?」のあとにコメントが付いているメールものは、応募しませんか?の中でも企業が一番ユーザーに対して興味の度合いが高いものになります。

企業がユーザーの設定したレジュメ情報を直接確認して、企業の希望する条件と一致した場合に送られてきます。

なので、ピンク色や青色のメールと比較すると書類選考を通過する確率が高く、多くの企業が面接まで行ってくれるため、応募すると採用される可能性が高いです。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

「面接に来ませんか?」とは

企業からの気になるの中でも「面接に来ませんか?」というメールは、書類選考免除で応募したら面接が確定のスカウトメールになります。

この「面接に来ませんか」は、企業からの気になるの中でも、最も企業がユーザーに対して「ぜひ面接に来て欲しい!」と興味を持っているものになるので、採用される確率が一番高いです。

もし自分の希望する条件とマッチする企業の場合、迷わず求人応募することをおすすめします。
※既に他の採用ルートから応募している場合や、過去に応募したことのある企業からも「面接に来ませんか?」のメールが届く可能性があるのでご注意下さい。

リクナビネクストの「応募しませんか?」と「面接に来ませんか?」の違い

企業からの気になるの「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」について説明しましたが、両者の違いは、自動的に送られているかレジュメを見て企業が直接送っているかの違いになります。

「応募しませんか?」の場合は、企業があらかじめ設定した条件に、ユーザーのレジュメ情報がマッチした場合に自動的に送られてくるため、特別採用に有利な求人というわけではありません。

一方「面接に来ませんか?」というのは、ユーザーのレジュメ情報を企業が直接閲覧して、自分の企業にマッチした人材だと判断した場合に送られてくるため、採用にかなり有利な求人が届く可能性が高いです。

これらの違いを念頭に置いて「企業からの気になる」をチェックするようにしましょう。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

リクナビネクストの「企業からの気になる」を受け取るメリット

次に「企業からの気になるを受け取るメリット」をいくつか紹介していきます。

企業からの気になるを受けとるメリットは、以下の3つです。

「企業からの気になる」のメリット

書類選考の通過率が高い

面接確定のオファー受け取れる

自分の市場価値を確認できる

では、それぞれ詳しく説明します。

書類選考の通過率が高い

1つ目は「書類の通過率が高い」ことです。

「応募しませんか?」のスカウトメールの中でも、コメント付きの応募しませんか?は企業がユーザーに対して興味を持っている度合いが高いため、求人に応募した際の書類通過率が通常よりも高い傾向にあります。

応募しませんか?は企業の設定した条件とユーザーの登録したレジュメ情報がマッチした際に送られてくるメールなので、自分の希望により近い求人ということもあり書類選考に通りやすいです。

面接確定のオファー受け取れる

2つ目は「面接確定のオファーを受け取れる」ことです。

企業からの気になるの中でも「面接に来ませんか?」のスカウトメールは書類選考が免除されている、つまり面接確定の求人が企業か直接送られてくるため、採用される可能性が他のスカウトメールと比べて非常に高いです。

面接確定のオファーは他よりも届く数が少ないですが、面接が確定しているため転職活動を有利に進めることができます。

面接確定のオファーが届いていないかこまめにチェックするようにしましょう。

自分の市場価値を確認できる

3つ目は「自分の市場価値を確認できる」ことです。

「企業からの気になる」のスカウトメールを受け取ることで「どういった企業が自分に興味を持ってくれているのか」というのを把握することが可能です。

企業からの気になるの機能は、転職市場において自分の価値を客観的に把握するための物差しの代わりを果たしてくれるとも言えます。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

リクナビネクストで「企業からの気になる」を受け取りやすくするコツ

「企業からの気になるのスカウトメールがなかなか送られてこない!」といった人も中にはいます。

とくに面接確約の「面接に来ませんか?」のスカウトメールは他と比べると多く送られてきません。

ではスカウトメールを受け取りやすくするにはどうしたらいいのでしょうか?

それは「レジュメの情報を充実させる」ことです。

基本的に企業からの気になるは、ユーザーが登録したレジュメ情報を元に、自分の企業の条件と照らし合わせて、条件がマッチした場合のみに送られてきます。

レジュメ情報の中でも「勤務地」「職種・業種」などの項目は一致するれば自動的に「応募しませんか?」のメールが数多く送られてくるので問題ありません。

しかし、一番重要なのが「自己PR」「専門スキル」の項目です。これら2つの項目に関しては企業の採用担当者が重点的に見ている項目なので、必ずしっかりと書くようにしましょう。

「自己PR」と「専門スキル」がしっかりと書かれており、企業の採用担当者の目に留まれば、「面接に来ませんか?」の面接確定のスカウトメールが送られてくる可能性がグッと高まります。

「自己PRの書き方がよく分からない」「自分の強みが分からない」という人は、リクナビネクストで無料で受けられる「グッドポイント診断」がおすすめです。

診断結果の信憑生が非常に高く、簡単に「自分の強み」を洗い出してくれるため、まだ利用したことがない人はぜひ活用してみて下さい。

『グッドポイント診断』はこちらから

「応募しませんか?」と「面接に来ませんか?」の注意点

企業からの気になるで届く「応募しませんか?」と「面接に来ませんか?」のスカウトメールは転職活動を効率的に進めるには便利な機能ですが、注意点もあるので紹介しておきます。

「会社からの気になる」の注意点

「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」は内定確約ではない

条件が合わない求人が届くこともある

採用を急いでいる企業からの求人が届くこともある

「応募しませんか?」「面接に来ませんか?」は内定確約ではない

企業からの気になるで送られてくるスカウトメールは、あくまでユーザーのレジュメ情報にマッチした求人が多く届くというだけで、内定確約というわけではないので注意てして下さい。

スカウトのメールが届くと採用に有利な求人だと思い込んでしまいがちですが、あくまで条件がマッチしただけなので、「思っていた人材でなかった」「経験やスキルが不足している」と判断されたら当然不採用となる場合もあります。

特に「応募しませんか?」のメールは企業からの興味度が高いというわけではないので、過度な期待はしないでおきましょう。

条件が合わない求人が届くこともある

基本的に「企業からの気になる」で届く求人は、ユーザーの希望条件に合ったものが多いですが、中にはまったく合わない条件の求人が届くケースもあります。

とくに「応募しませんか?」は企業が設定した条件とユーザーのレジュメ情報がある程度マッチしていた場合に自動的に送られてくる仕組みになっており、細かい条件までは設定できないため、どうしても希望条件とずれた求人が届く場合もあります。

採用を急いでいる企業からの求人が届くこともある

「企業からの気になる」で送られてくる求人の中には、人員が不足しており採用を急いでいる企業からのスカウトメールもあります。

こういった求人の多くは条件があまり良くなかったりするため、オファーのメールが届いたからといって自分にマッチしている求人だと思うのではなく、自分の希望条件にあっているかしっかりと確認するようにしましょう。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

リクナビネクストの「企業からの気になる」と「オファー」の違い

リクナビネクストには「企業からの気になる」と似た機能でオファーというものがあります。

では「企業からの気になる」と「オファー」では何が違うのか?

それぞれの異なる点は、以下のとおりです。

【企業からの気になる】
企業からの気になるは、求人を閲覧したり、求人に対して「気になる」ボタンを押した場合に、ユーザーの登録したレジュメ情報が企業が設定した条件とマッチした場合に届くスカウトメールのことです。

【オファー】
オファーは、ユーザーが登録したレジュメ情報が企業や転職エージェントが設定した条件にマッチした場合に届くスカウトメールのことです。

「企業からの気になる」はユーザーが求人を閲覧したり「気になる」をクリックしたりしない限り届きませんが、オファーの場合は公開されているレジュメ情報がマッチしていれば自動的に届きます。

また、オファーの場合は企業だけでなく転職エージェントからもスカウトのメールが届くという点が異なります。

「オファー機能」関しては、以下の記事で詳しく解説しているのでよかった参考にして下さい。

最後に

リクナビNEXT(ネクスト)の「企業からの気になる」について詳しく説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

事前にレジュメの内容を充実させておけば、求人を閲覧または「気になる」をした際に、条件にマッチしたメールが自動的に届くので転職活動を有利に進めることができます。

これから転職活動を始めようとしている方や、すでに活動中だけどまだリクナビネクストを利用していないという方はぜひ活用してみて下さい!!

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら