転職知識

転職活動のベストなタイミングはいつ?在職中と退職後のメリット・デメリットを解説!

こんにちは、はるきち(@escape_slave01)です。

今回は、『転職するなら在職中?それとも退職後?それぞれのメリット・デメリット
について話していきます。

転職を考えている人でしたら、『どのタイミングで転職するのがベストなんだろう?
そう思ったことが一度はありませんか?

『在職中に転職活動をしたいけど、働きながら、そんな余裕なんてあるのだろうか?』
『退職後に転職活動をしたいけど、次の仕事が決まっていないのに、退職するなんて不安だ』

そんな風に思っていませんか?

多くの人が、『在職中に転職活動を始める』か、
退職後に転職活動を始める』か、

この2つのタイミングで迷っている人は多いはずです。

結論から言いますと、在職中、退職後、どちらがいいとは断言できません。
なぜかと言うと、その人の環境や経済状況などによって変わってくるからです。

転職活動は一生のうちで何回もあるとは限りません。だからこそ、
間違った選択肢をして欲しくありません。

ではどうすればよいのか?

これから、『在職中と退職後、それぞれの転職活動のメリット・デメリット』について話します。
それを見てもらえれば、今の自分に会った転職活動の、
ベストなタイミングが見えてくるはずです。

また、合わせて、『在職中の転職活動を成功させるための対策』
についても話していきます。

なぜ、在職中のみ、対策を話すかと言うと、退職後のデメリットが、
主に金銭的な問題が多いのに対して、在職中のデメリットが、主に精神的な面が関係するからです。

金銭的な問題は、すぐにどうこうできる問題ではないことが多いですが、
精神的な面に関しては、対策を立てることが可能だからです。

ちなみに、もし時間が足りないと焦っている社会人の方がいましたら、こちらの
時間が足りないと焦る人必見!仕事やプライベートで自由な時間を作る方法!!
という記事はおすすめなので、ぜひ合せて読んでみてく下さい。

転職ビギナーくん
転職ビギナーくん
転職神さま〜、転職活動っていつスタートさせればいいんですか?今の仕事を続けながら始めるのか、それとも今の仕事はきっぱり辞めてリセットしてから始めるのがいいのか、どっちがいいですか?
”転職神さま”
”転職神さま”
うーむ。、転職者にとって転職活動をいつスタートさせればよいか、多くの者が悩むところじゃの
”転職神さま”
”転職神さま”
その人の状況によって変わってくるので、どちらがいいか断言することはできないのじゃ、これから『在職中』、『退職後』のそれぞれメリット・デメリットを説明するから、それを参考に自分はどちらが合っているのか判断するとよいぞ

もし転職活動に興味があるけど「何をしていいかよく分からない」と言う人は、転職活動をマニュアル化したので、よかったら合わせて見て下さい。

『在職中の転職活動』のメリット・デメリット

在職中に転職活動をするのって、なんだか難しい気がしませんか?
『転職が初めて』と言う人は、なおさらだと思います。

その気持ちは、すごく分かります!

僕も『転職をしよう!』と決意した時は、まだ前の仕事は退職しておらず、仕事を続けていたので。まったく同じ気持ちでした。

確かに今の仕事を続けながら、転職活動を同時に進めるのは、時間がなかなか取れなかったり、デメリットとなる点はもちろんあります。

ただ、過去に、僕が前の仕事を続けならが、同時に転職活動をしてみて思ったことは、
『デメリットよりも、メリットのほうが大きいと感じました。

しかも、そのデメリットも上手いこと対策すれば、それほど苦にはなりませんでした

ここでは、『在職中の転職活動』のメリット・デメリットにはどのようなことがあるかを説明します。

デメリットに対する対策に関しては。後で説明する、
在職中の転職活動を成功させるための対策』を参考にして下さい。

『在職中の転職活動』のメリット

  •  金銭的な心配をしなくてよい
  • 転職先が見つかった場合、今の仕事と次の仕事にブランクがない
  • 仮に転職先が見つからなくても、今の仕事を続けるという選択がある

もし、退職後に転職活動をしようとすると、無収入の状態で行わなければいけません。
転職活動には交通費などの活動経費に合わせて、普段の生活費用ももちろん必要になってきます。
在職中に転職活動を行えば、活動経費や生活費用を心配する必要がないため、じっくり腰を据えて、転職活動に専念することができます。

また、在職中に転職先が見つかった場合、今の仕事と次の仕事にブランクをあけずにすみます。
『ブランクがない=働いていない空白の期間がない』ということなので、面接先の企業に対する
印象が良く、転職を有利に進めることができま。

最後に、もし万が一、希望する企業を見つけることができなかった時に、
今の仕事を続ける』という選択肢があります。
不本意なことかもしれませんが、保険的な意味合いで、次の転職に向けて、経済的な心配をしなくてすみます。

転職ビギナーくん
転職ビギナーくん
経済的な面で心配しなくてもいいのは大きいですね!金銭的な不安がなくなれば、心にゆとりが生まれて、じっくり転職活動に望むことができそうです。
”転職神さま”
”転職神さま”
そうじゃな、それに、働きながら、次の仕事が見つかればブランクも少なく、スキルや働く感覚を失わずにすむのも利点じゃな
転職ビギナーくん
転職ビギナーくん
たしかに、ブランクが空いてしまうと、その分、仕事に関する感覚が鈍くなる気がします

『在職中の転職活動』のデメリット

  •  転職活動に費やせる時間が少ない
  • 面接の日程調整が難しい
  • 転職活動が長引く可能性がある
  • 応募先の企業がすぐに就業できる人を探してる場合、希望に沿えない可能性がある

働きながらの転職活動となるため、平日に時間を取ることが難しくなってきます。
時間が足りないと、企業研究、面接の準備、履歴書の作成が不十分になりがちです。
そのため、土日や平日の空いたスキマ時間を上手く転職活動に利用しなければいけません。

平日に時間が取れないと、面接の日程調整がしづらくなってきます。
平日に面接ができない場合、土日に面接を行なってくれる企業もありますが、

そこまで多くないのが実情です。

また、経済的な面で心配しなくてもいいと言うことは、裏を返せば、
転職活動をダラダラと続けてしまう要因にもなってしまいます。
今の仕事という保険があると、危機感が薄れてくる可能性があるので、
『この日までには転職先を見つける』という気持ちで臨まなければいけません。

最後に、在職中に転職先が急に決まった場合、どうしても『今すぐに今の仕事を辞める』
というわけにはいかない場合があります。仕事の引き継ぎや、会社の規則などにより、
退職まで1~2ヶ月必要というのが一般的です。
次の仕事の就業までに数ヶ月待ってくれる企業ももちろんありますが、
中には、すぐに就業できないなら『採用を見送る』という企業もあります

『退職後の転職活動』メリット・デメリット

今の職場に多くの不満を持っており、肉体的にも、精神的にも、
限界にきている場合、すぐに退職して、全てをリフレッシュしてから、
転職活動をしたいと考えている人もいるかと思います。

もちろん、退職してからのほうが、時間的にも余裕があり転職活動に
専念できる
という大きなメリットもありますが、デメリットもあります。

これから、『退職後の転職活動』のメリット・デメリットを書いていきますので、
それを参考に、自分には退職後に転職活動をするのに適しているのか、
検討してみてください。

『退職後の転職活動』のメリット

  • 時間的に余裕が生まれ、転職活動に専念できる
  • 面接の日時の調整がしやすい
  • 採用された場合、すぐに入社することができる

 

退職後の転職活動の最大のメリットは、時間に余裕が生まれることです。
時間に余裕が生まれると、『応募企業の研究』『職務経歴書や履歴書の作成』
『面接の準備』などにじっくり時間をかけることができます。

また、時間に余裕があると、面接の日程や時間にも柔軟な対応ができます。
1日に複数の企業の面接を入れたり、転職活動をスムーズに行うことも可能です。

最後に、もし企業の採用が決まった場合、すでに前の職場は退職しているわけですから、
すぐに次の職場に入社することができます。『即戦力』を期待している企業にとって、
すぐに入社してくれるというのは評価されます。

『退職後の転職活動』のデメリット

  •  金銭面での負担が大きい
  • ブランクがあると選考で不利になる場合がある
  • 次の就職先が決まらないと焦りが出てくる

前の職場を退職しているわけですから、定期的な収入もなくなり、
十分な貯蓄がない場合、生活面での困窮が心配になります。

『失業保険が貰える』と思っている人がいるかもしれませんが、
すぐに受給できるわけではなく、3ヶ月以上経たないと、
受給できない場合がほとんどです。

失業保険の受け取り方については、こちらの『失業保険・失業手当はいつのタイミングで受け取ればいいの??申請から振り込みまでの流れを解説!』を参照下さい。

また、ブランク期間、つまり働いていない期間が長くなると、
選考に影響を及ぼすこともあります。

最後に、次の就職先がなかなか決まらないと、金銭面での負担が大きくなり、
ブランクも開いてくるので、焦りが生じてきます。
焦りが生じると、正しい判断ができなくなり、自分の希望に沿っていない
企業を選択する可能性もあります。

転職ビギナーくん
転職ビギナーくん
退職後の転職活動の大きな問題はやはり、金銭面が大きい気がします!
”転職神さま”
”転職神さま”
そうじゃな、十分な貯蓄があり、長期間転職活動をしていても生活に困らないという者は、時間的にゆとりができ、転職活動に専念できるので、『退職して転職活動する』のは、おすすめじゃな。

在職中の転職活動を成功させるための対策

最後に、在職中に転職活動を考えている人のために、
上で述べた在職中のデメリットに対して、どのような
対策をすれば良いか説明していきます。

①転職活動に費やせる時間が少ない

在職中の転職活動で一番の心配事が『時間がない』ではないでしょうか。
確かに、退職した人と比べると時間がないのは事実ですが、
転職活動ができないほど、時間がないかと言われると、そう言うわけでもありません。

時間管理がしっかりできていれば、時間は作ることができます。

『対策』

①『通勤時間や休憩時間を活用する
通勤電車の中や休憩時間中にもしスマホをいじったりしているのなら、
その時間を、求人検索、履歴書作成、面談の準備などにに当ててみてください。
それだけでも、全然違ってきます。スキマ時間を有効活用するようにしましょう。

②『有給を有効活用する
転職を決意したら、有給休暇が何日残っているか確認するようにしましょう。

有給休暇の取得は、労働者の権利です。取得に理由はいりません。
平日に転職活動をしたい場合は、積極的に有給を取得するようにしましょう。
ただし、業務に支障をきたして、周りに迷惑がかからないように配慮は必要です。

②面接の日程調整が難しい

企業の面接は平日に行われることが多いです。仕事をしながらだと
なかなか平日に面接の時間をとることが難しくなってくるかと思います。

『対策』

①『有給もしくは半休を有効活用する
上で述べた、時間がない時の対策と同じです。

面接が多く行われる平日に時間を作るには、有給休暇を
取得するのがよいです。もし、仕事の関係で有給を取るのが
難しいようでしたら、半休を取得するのも手です。
午前中だけ仕事をして、午後は面接を行うようにすると効率的です。

②『転職エージェントを利用する
転職エージェントを利用すれば、専属のアドバイザーが付き、求人選びから、

応募、面接調整までを一緒に行なってくれます。
もし忙しくて時間がない時でも、アドバイザーの人が、面接の日程調整を行なってくれます。
転職エージェントは無料で利用できるので、時間がない人にはおすすめです。

転職エージェントがどんなものか良く知らない人は
こちらの『転職サイトと転職エージェントって何?結局どっちを使えばいいの??』
を参考にしてみて下さい。

③転職活動が長引く可能性がある

定期的に給料が入ってくるため、生活面に不安がないため、危機感がなくなり、
だらだらと転職活動を続けがちです。

『対策』

いつまでに転職活動を完了させるか、転職活動を始める前に必ず決めておいて、
その期日をデッドラインにきびきびと行動する。

④企業がすぐに就業できる人を探している場合、希望に沿えない場合がある

在職中ですと、もし企業に採用してもらってもすぐには次の職場では働くことができません。
今の職場を退職するには、業務の引き継ぎや、会社の規定により退職まで1~2ヶ月
かかるのは仕方のないことです。

『対策』

応募した企業には、具体的にいつ入社が可能であるか、時期を伝えるようする。
面接前には『現職の就業規則』と『現職の引き継ぎに必要な期間』を事前に確認しておいて下さい。

転職ビギナーくん
転職ビギナーくん
なるほど、ちゃんと対策をしておけば在職しながらでも転職活動ができそうです!
”転職神さま”
”転職神さま”
在職中はとにかくスキマ時間をいかに見つけて有効に使うかが重要なんじゃ。あとは、今の職場をもし退職するとなったときに、どのくらいで退職ができるのか具体的な期日を見積もっておいて、それを面接のときに伝えたり、職務経歴書に記載しておくと採用担当者へのアピールになるぞ。
転職ビギナーくん
転職ビギナーくん
なるほど!ありがとうございます。時間を有効活用して転職活動がんばります。

記事は以上です。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。

また、twitterにブログ記事の更新情報を流すのでよかったらフォローお願いします。

合わせて読んで欲しい厳選記事

もし今の会社に不安やストレスを少しでも感じているのなら、こちらは、ぜひとも読んでほしい厳選記事です!👇