転職サイト/転職エージェント

リクナビネクストで面談は可能?エージェントからの面談の申し込みは無視してもよい?

こんにちは、現在大手企業の人事部で採用担当をしているはるきちといいます。

多くの転職者に利用されているリクナビネクストですが、「リクナビネクストって転職に関する面談はできるのか?」こんな疑問を持っている人もいるかと思います。

また、リクナビネクストに登録すると、転職エージェントから「面談に来ませんか」という面談の申し込みのオファーが届きます。この面談オファーを受けるべきなのか?無視してもよいのか?迷っている人もいるかと思います。

今回は

「リクナビネクストは転職の面談は可能か?」

「リクナビネクストに届く転職エージェントからの面談オファー」

これらについて紹介していきます。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

リクナビネクストでは面談は不可能!

結論から言いますと、リクナビネクストでは転職活動に関する面談はしてもらうことはできません。

リクナビネクストは転職支援サービスの中でも、「転職サイト」という形態をとっているからです。転職サイトは、webサイト上に掲載されている求人情報をチェックして、応募から面接までの手続きを最後まで、自分自身で行うことを前提にしているサービスになるため、転職面談は実施してもらえません。

もし転職相談をしたいのなら、転職サイトではなく、「転職エージェント」を利用するようにしましょう。

転職エージェントでは、登録するとプロの転職アドバイザーが担当として付いてくれ、希望の求人条件をヒアリングを行うことにより、条件にマッチした求人を紹介してくれます。また、求人応募や企業面接のアドバイスなど、転職に関するあらゆるフォローを行なってくれます。

転職エージェントは、転職サイトと同様に全てのサービスを無料で利用することが可能です。

転職エージェントと転職サイトの違いに関しては、以下の記事を参考にしてみて下さい。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

リクナビネクストの求人についてはリクルートエージェントで相談しよう

もしリクナビネクストに掲載されている求人について、「もっと詳しく知りたい、相談したい」と思ったら、リクルートエージェントで相談するのがおすすめです。

リクルートエージェントは、リクナビネクストと同じ会社であるリクルートが運営している転職エージェントなので、リクナビネクストに掲載されている求人について相談することが可能です。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも求人の質・量ともにNo,1と言えるほど充実しています。またアドバイザーも経験豊富な人が多いため、極端な当たり外れも少ないため、まず真っ先に登録しておくべき転職エージェントと言って間違いありません。

『リクルートエージェント』公式HPはこちら

転職エージェントからの面談の申し込みオファーとは?

リクナビネクストに登録していると、リクルートエージェントから「面談に来ませんか?」というオファーメールが届くことがあります。

オファーメールとは?

リクナビネクストに登録した「プロフィール」「学歴」「資格」「自己PR」などのレジュメ情報をもとに、求人企業や転職エージェントから求人や面談のオファーが自動的に届くサービスのことです。

 

オファー機能によって届くスカウトメールは「求人掲載企業からのオファー」「転職エージェントからのオファー」「転職エージェントが取り扱う求人企業からのオファー」の3種類に分けられます。

これらのうち、「転職エージェントからのオファー」というのは、転職エージェント(※この場合では同経営のリクルートエージェント)の取り扱っている求人の中から、転職者にマッチした求人がある場合に、「一度面談に来ませんか?」というオファーのメールになります。

このメールに対して返信すると転職エージェントとの面談を行い、紹介されて求人に対して詳しい説明を受けることができます。

ちなみに、メールが送られてきた転職エージェントのユーザー満足度が高い場合は社名の横に「優秀エージェント」と表記されるため、信頼性の判断基準の一つとして参考にすることができます。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

転職エージェントからの面談の申し込みオファーは無視してもよい?

転職エージェントからの面談の申し込みオファーが届いたからといって、必ずオファーを受ける必要はなく、面談のオファーを無視して問題ありません。

ただし、転職エージェントからのオファーに対しては「このオファーを辞退する」というボタンがあるため、そちらのボタンをクリックして面談のオファーを辞退するようにしましょう。「このオファーを辞退する」というボタンが表示されない場合は返信の必要はありません。

このオファーは転職のプロであるキャリアアドバーザーが、転職者にマッチすると判断して送ってくれる紹介メールなので、自分に合った求人である可能性が高いため積極的にチェックすることをおすすめします。

転職エージェントは、あなたのレジュメ情報を元にオファーのメールをするため、もし面談のオファーを多く受け取りたい場合は、レジュメを限りなく詳細に記載するようにしましょう。レジュメの情報を詳細に書かなかったために、転職エージェントが紹介してくれた求人が「自分の希望するものと合致しなかった」という結果になってしまう可能性もあります。

「リクルートエージェント」の新規登録はこちら

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめ

リクルートエージェントは、業界最大手で、求人の質・量ともにNo1と言えるほど充実しています。条件の良い非公開求人も、他の転職エージェントと比べると多い印象です。

また、アドバイザー(担当者)の数もトップで、経験豊富な人が多いので、極端な当たり外れはないです。

まず真っ先に、登録しておくべき転職エージェントと言って間違いありません。

リクルートエージェントの特徴を以下に紹介します。

リクルートエージェントの特徴

  14万件以上の非公開求人を保有

名実ともに転職エージェントNO,1

精鋭化されたキャリアアドバイザー

面接対策が手厚い

転職活動に役立つツールが充実している

14万件以上の非公開求人を保有

リクルートエージェントでは20万件以上の求人数を保有していますが、そのうち14万件以上「非公開求人」となっています。

先述したとおり、非公開求人は有名企業や魅力的な求人内容であることが多いため、非公開求人を数多く保有するリクルートエージェントを利用することによって、質の良い求人出会う確率を大幅に上げることができます。

名実ともに転職エージェントNO,1

リクルートエージェントは、転職活動をしていない人でも知っているくらい有名なリクルートが運営しており、その規模は転職業界の中でもトップです。

また規模だけでなくリクルートというブランドの信頼性の高いことから多くの企業と太いパイプを築いており、名実ともに業界NO,1の転職エージェントと言えます。

実際にリクルートエージェントを利用して転職した人の62%以上の年収がアップしており、転職活動において欠かせない存在となっています。

 

精鋭化されたキャリアアドバイザー

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、リクルートの中でも選りすぐりの精鋭が集められおり、転職に関する知識や経験が非常に豊富です。

転職エージェントで自分に合った企業に転職できるかどうかは、キャリアアドバイザーの質に左右されるといっても過言ではないほど重要になってきます。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは優秀な人材が揃っているため、当たり外れも少なく、転職エージェントは初めてというユーザーの方でも安心して利用することができます。

面接対策が手厚い

リクルートエージェントの面接対策は、他の転職エージェント比べると非常に手厚く、親身になって丁寧に対応してくれます。

リクルートの過去の莫大なデータや転職ノウハウをもとに

「どんな内容が面接で聞かれやすいか」

「企業にどうやってアピールするのがよいか」

「どういった人が企業から好まれるのか」

こういった面接の傾向と対策を十分すぎるほど練ってくれるため、面接が苦手だという人でも無理なく面接を突破することが可能になっています。

またリクルートエージェントでは、事前に面接の練習ができる「模擬面接サービス」や面接必勝法が学べる「面接力向上セミナー」などのサービスも充実しており、サービス利用者の面接通過率が約16%もアップしたという効果も現れています。

転職活動に役立つツールが充実している

リクルートエージェントでは求人紹介の他に、以下のような「転職活動に役立つツール」がとても充実しています。

転職活動に役立つ3つのツール

エージェントレポート(AGENT Report)

パーソナルデスクトップ(Personal Desktop)

転職チェックリスト

エージェントレポート(AGNET Report)
エージェントレポートとは、リクルートエージェントが独自に集めた企業の情報をまとめて作成したレポートのことです。
企業の選考ポイントや、求人情報だけでは分からない社風や職場の雰囲気など、企業を選ぶ上で重要な情報をキャリアドバイザーがまとめてくれます。
※ただし、全ての企業のレポートを作成してくれるというわけではありません。

パーソナルデスクトップ(Personal Desktop)
パーソナルデスクトップとはリクナビエージェントに登録後に利用できるマイページのことです。
パーソナルデスクトップでは、「求人検索」「求人応募」「面接日程調整」「レジュメ作成」これら転職活動に必要な全てを一箇所で行うことができるため、転職活動を効率良く進めることができます。

転職チェックリスト
転職チェックリストでは、転職活動で事前にやるべきタスクを提示してくれます。
このツールでは、事前に設定した内容が自動的に保存されるため「今、何をやるべきなのか」が明確になり、やり忘れ、やり残しを事前に防止してくれます。

「リクルートエージェント」の新規登録はこちら

まとめ

リクナビネクストは転職サイトなので、転職活動に関する面談を実施してもらうことはできません。

もし転職関係の相談をしたい場合は同じ会社のリクルートが運営している、リクルートエージェントを利用するようにしましょう。

リクナビネクストで気になる求人を見つけた場合においても、リクルートエージェントで相談することが可能なので、リクナビネクストとリクルートエージェントは併用することをおすすめします。

「リクナビNEXT」の新規登録はこちら

「リクルートエージェント」の新規登録はこちら