お仕事ハック

仕事の問題解決能力を鍛える!想像力・発想力がない人の向上させる方法

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

未知の仕事をしていると、一番必要と言っても過言ではないのが、「問題解決能力」です。

すでに「過去に解決事例がある問題」に対しては、「知識やノウハウ」を身につけていればなんとかなりますが

「イレギュラーな問題」「遭遇したことのない未知な問題」に対しては、「問題解決能力」が必須になってきます。

でも「問題解決能力」というのは、「知識やノウハウ」と違って、鍛えるのがなかなか難しかったりするんですよね。

そんな、問題解決には「想像力」「発想力」が必要不可欠になってきます。

しかしながら

「自分には、想像力や発想力がない」

そんなふうに悩んでる人も多いのではないでしょうか?

今回は、問題解決能力を鍛えるために

「想像力と発想力を向上させる方法」をいくつか紹介していきます。

想像力と発想力を向上させる6つの方法!

それでは、具体的に「想像力と発想力を向上させる方法」を説明していきます。

結論から言うと、想像力と発想力を向上させるのに効果的な方法は、以下の6つです。

他人のために何ができるのか?」を常に想像する

 自分と他人のアイデアを組み合わせて、新しいアイデアを生み出す

 空間的に広い場所でアイデア出しをする

 暗い場所でアイデア出しをする

 定期的にお茶を飲む

 普段からスーツを着るようにする

それでは、それぞれを詳しく説明していきますね。

①:「他人のために何ができるのか?」を常に想像する

最初の方法が「他人のために何ができるのかを常に想像すること」です。

僕は、この考え方を「他者思考」と呼んでいます。

大学の実験によると

・「他人のために何ができるのか?」を想像してもらったグループ

「自分のために何ができるか?」を想像してもらったグループ

この2つのグループに分けていろいろなアイデアを出してもらったところ

前者の「他人にために何ができるのか?」を想像してもらった方が、いいアイデアを思いつく確率が高かったそうです。

つまり、他人のために何か行動したりしたほうが、想像力が働くことが分かったんです。

自分視点では思いつかないことでも、他人の視点だと思いつきやすいということです。

それじゃあ、「自分のために行動してはダメなのか?」と言われると、そんなことはなく

基本は自分のために行動してもらって

「これをすることによって誰の役に立つのか?」

というのを考えることが、「想像力や発想力の向上」には非常に重要だということです。

②:自分と他人のアイデアを組み合わせて、新しいアイデアを生み出す

2つ目の方法は「自分と他人のアイデアを組み合わせて、新しいアイデアを生み出す」ことです。

これは、主に、誰かと協力して何かを達成しようとするときに役立ちます。

このときのポイントが

「最初のアイデア出しは各々一人で行う」ことです。

まずは、各々一人でアイデアを出せるだけ絞り出して、その後で

「各々のアイデアを集結させて、新しいアイデア生み出す」

ことです。

最初のアイデア出しの時に、みんなで集まって「ブレインストーミング」を行う人がいるかもしれませんが

最初のアイデア出しの段階は一人でやったほうが絶対にいいです。

その後のアイデアを組み合わせる段階で、みんなで考えた方が斬新的なアイデアが生まれやすいんです。

③:空間的に広い場所でアイデア出しをする

3つ目の方法は「空間的に広い場所でアイデア出しをする」ことです。

じつは、良いアイデアが浮かびやすいかどうかというのは

「空間的広さ」に依存しているということが分かっています。

例えば

「天井が高い部屋でアイデアを考えた場合」

「狭い部屋でアイデアを考えた場合」

この2つのシチュエーションでは、前者の

「天井が高い部屋でアイデアを考えた場合」

の方が良いアイデアが生まれやすいんです。

なので、極端なことを言ってしまえば、アイデア出しをしたいときは

公園を散歩しながら行うのも、効果的な方法だと思います。

ちなみに、何か、「ルーティン作業」をもくもくと、こなしたい場合は、狭い部屋で行ったほうが効率的です。

④:暗い場所でアイデア出しをする

4つ目のが方法は「暗い場所でアイデア出しをする」ことです。

これは、さきほどの

良いアイデアが生まれるかは「空間的広さ」に依存するというのに似たもので

「部屋の明るさ」も良いアイデアに依存するんです。

なので、空間的に広い場所に行くのが難しい時は

「部屋を暗くしてアイデア出しを行う」

ことも効果的です。

⑤:定期的にお茶を飲む

5つ目の方法は「定期的にお茶を飲む」ことです。

「えっお茶を飲むだけ!?」

そう思う人もいるかもしませんが、お茶というのは意外とすごいパワーを秘めているんです。

とくに、想像力・発想力を発揮したいときには、お茶はすごく効果的なんです。

大学の実験で

「お茶を飲んでもらうグループ」

「お湯を飲んでもらうグループ」

それぞれのグループに、「レゴブロックでどれだけクリエイティブな作品を作れるか」という実験をしてもらったところ

前者の

「お茶を飲んだグループの方が明らかにクリエイティブな作品を作った」

という結果だったそうです。

詳しい理由は明らかになっていないのですが

お茶に含まれる「テアニン」という成分がリラックス効果を生み、想像力や発想力の向上に繋がったのではないかと言われています。

お茶を飲むだけで、想像力や発想力が向上するなら、試してみない手はないですよね。

⑥:普段からスーツを着るようにする

6つ目の方法は「普段からスーツを着るようにする」ことです。

この方法も、前述の「お茶を飲む」同様に、スーツを着るだけでいいの?と思うかもしれません。

しかし、これも大学の実験で、

「スーツを着ることによって抽象思考レベルが向上した」

ということが分かっています。

人は着る服によって、メンタルに状態が変わるという見解だそうです。

普段からスーツを着るのが難しい人もいるかもしれませんが、可能な人は是非試してみて下さい。

以上が、問題解決能力を鍛えるための「想像力と発想力を向上させる方法」になります。

全てをいっぺんにやろうとするのは難しいと思うので、自分がやりやすそうなものから試してみて下さい。

ちなみに、人生の壁にぶつかった時に、それを乗り越える「逆境力」を身につける方法に関して以下にまとめたので参考にしてみて下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。