転職知識

うつ病・メンタル原因で休職中または退職後の転職活動はどうすればいいの?

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

うつ病・メンタルが原因で、休職中または退職をしたけど

その後の転職活動に影響が出ないか不安だ

という人もいると思います。

僕も過去にうつ病・メンタルが原因でブラック企業を退職後、転職活動をしていた経験があります。

そのときに不安だったのが、転職活動に影響しないか」でした。

なので、現在そのような状況で悩んでいる人のために

以下の内容を話していきます。

当記事の内容

 うつ病・メンタル原因で休職中の転生活動について

 うつ病・メンタルで退職後の転職活動について

 休職中に復職か転職か迷った時は

 もしも本格的に転職活動をスタートさせるなら

うつ病・メンタル原因で休職中の転職活動について

まず最初に、「うつ病・メンタルが原因で休職中の転職活動」について話していきます。

そもそも、うつ病・メンタル原因で休職中の転職活動はOKなの?

現在休職中の人で、これから現職に復帰する気はなく、「転職活動をする予定だ」という人にとって

休職期間中に転職活動を始めてしまっても良いのか?

とても気になるところだと思います。

結論から言いますと、うつ病・メンタルが原因で休職中であっても、転職活動を行うこと自体は問題ないです。

しかし、まだ現職に籍がある状態で、体調不良を理由に会社を休職している状況です。

もしも、まだ体調が完全に戻っていない状態であるなら、転職活動よりも体調復帰を最優先にした方がいいです。

体調が万全に戻ったと確信が持てるようになったら転職活動をはじめるようにしましょう。

休職中であることは企業側に伝える必要がある?

・「現職に復帰したくない

・「現職に戻っても、またうつ病を発症するかもしれない

こう言った理由で、休職中に転職活動を始めたいと言う人もいると思います。

そんな場合、希望している相手企業側に、「現在休職中であることを伝える必要があるか?」なのですが

必ずしも休職中であることを伝える必要はありません。

もし仮に休職中であることを伝えた場合

相手企業側に精神面に不安があると判断されてしまい、選考で不利になる恐れがあるからです。

なので、休職中に転職活動をする場合は極力そのことは伝えないほうがいいです。

休職中であることは相手企業にバレないの?

基本的に、休職中に転職活動を行っても、相手企業に休職中であることは、基本的にバレません。

なので、面接のときや応募書類にも自分から進んで、休職活動であることを伝える必要はありません。

ただし、面接の時などに休職中かどうかの話題になった場合、その時は包み隠さずに伝えるようにしましょう。

休職中は無理をせずに体調回復を優先するべき

・「休職中の転職活動は問題ない

・「休職中であることは相手企業には基本的にはバレない

このように書きましたが、僕の個人的な意見としては、転職活動はできるけど、無理はして欲しくないです。

メンタルが原因で休職中は、どうしても判断能力が低下していて、自分にとって本当に正しい選択ができていない可能性があります。

また、体調が回復していないときに転職活動をしても面接のときなどで本来の力を発揮できないからです。

急ぎたい気持ちは分かりますが、休職中は無理をせずに体調回復を優先すべきです。

しかし、ただ何もしないで体調を回復するのを待つというのも非効率ですよね。

なので、個人的にオススメなのが

「転職サイトに登録だけしておいて、いつでも転職できる準備をしておくこと」

です。

ちなみに、転職サイトに関しては、文句なしに「リクナビNEXT」がおすすめです。

これ一つ登録しておけば問題ないです。

リクナビNEXT」にはスカウトメールと言って

こちらから求人情報を探しに行かなくても、企業の方から自分に合った求人を送ってくれるツールがあるので

自分から探すのがめんどくさい

といった時にも、送られてきたメールをチェックするだけなので、めちゃくちゃハードルが低いんです。

一応「リクナビNEXT」の「登録までの手順」から「おすすめの使い方」まで紹介した記事を貼っておきますね。

うつ病・メンタル原因で退職後の転職活動について

次に、「うつ病・メンタル原因で退職後の転職活動」について話していきます。

メンタルで退職したことは企業側に伝える必要がある?

まず、メンタルが原因で退職したことを応募企業側に伝えるべきかどうか?

こちらは、休職中と同様に、自分から進んで伝える必要はありません。

メンタルが原因で退職をしてしまった事に対して、採用担当者は不安に感じて選考で不利になる場合があります。

必ずしも不利になることはないですが、進んで伝える必要はないです。

ただし、面接官に

・「休職について聞かれた場合」

・「応募先の職場で影響が出ると判断した」

こういった場合は包み隠さずに伝えるべきかと思います。

もし仮に伝えなかったことで内定が取り消しになることは、ほぼないですが・・・

そのへんは社会人としてのモラルを持って判断するようにしましょう。

メンタル原因の退職は転職活動に不利になるの?

先ほども言ったように、仮にメンタルが原因で退職した事実を応募先の企業に伝えた場合、正直なところ

採用担当の人に良い印象は与えられない

と思っていた方がいいです。

もし自分に非がまったくなかったとしても、採用担当者はあなたのことを深くは知りませんよね

情報としてあるのは「メンタルが原因で退職したという事実」だけです。

なので、プラスに働くことはないと言ってほぼ間違いないので、自分から進んで話す必要はありません。

休職中に復職か転職か迷った時は

休職中に

このまま現職に復帰するべきなのか

それとも

心機一転で転職するべきなのか

どうしようか迷っている人もいるかと思います。

どちらが正解なのかは、その時になってみないと正直分からないんですが、僕の過去の経験から

「休職中に復職か転職か迷ったときに、取るべき行動」

について話していきます。

①休職中は判断能力が低下しているので、まずは体調を直すことを考えよう

まず、休職中で体調が元に戻っていない場合は

復職か転職するかを考えるのは、すっぱりやめましょう!

何かしらの不調で休職しているかと思いますが

体調不良の時は判断能力が著しく低下しています。

そんなのときに、今後のことを考えても、自分にとってベストの選択をする事は難しいです。

なので、まずは体調をしっかり元に戻すことだけ考えるようにしましょう。

②休職となった原因が復職後に解決されるかどうかを冷静に分析しよう

体調が元に戻ってきたと感じられるようになったら、次に考えることは、

「もしこのまま復職した場合問題が解決されるのか?」

を冷静に分析することです。

例えば、職場の上司のパワハラが酷く、うつ病で休職しているのであれば、

復職後はパワハラ環境が改善されており、うつ病の再発の可能性が本当にないのか

をしっかり見極めることが大事です。

仮に、職場環境がまともに改善されないまま復職しても、うつ病が再発する可能性は高いです。

部署の移動など、パワハラの対策を会社がまともにしてくれていないと感じるのなら、その時は思い切って転職も視野に入れましょう。

③転職サイトに登録だけしておくことをおすすめします!

休職中の転職活動について」でも書きましたが、これは僕も実際にやっていたことで、簡単かつ効果的なので、おすすめです。

復職するか転職するかに関わらず、

もし現職に少しでも不安を抱えているようなら、転職サイトに登録だけしておくといいです。

転職サイトに登録しておくことで、

・いざ転職するとなったときにストートダッシュが切れる

・「自分には他にこんなにも選択肢があるんだ」と認識でき、気持ちがグッと楽になる

からです。

転職サイトに関しては、「リクナビNEXT」が文句なしにおすすめです。(無料で利用でき、時間は10分もかからないです)

「リクナビNEXT」は求人数、求人の質、サイトの使いやすさなど、総合的に見て他サイトより頭一つ抜け出しています。

リクナビNEXT』公式ページはこちら

一応「リクナビNEXT」の「登録までの手順」から「おすすめの使い方」まで紹介した記事を貼って起きますね。

もしも本格的に転職活動をスタートさせるなら

「体調も元に戻って本格的に転職活動をスタートしたい」

もしそのような状態でしたら

迷わず「転職エージェント」を利用しましょう

転職サイトだけを活用して自力で転職活動するのは、思っているよりもハードで心が折れそうになります。

なので迷わず、転職ーエージェントの力を借りて転職活動をするようにしましょう。

僕は過去にうつ病で退職したことがあり、その時に転職エージェントのサポートが必須だと強く感じたとので、これだけは自信を持って言えます。

詳しくは、こちらの「うつ病で休職中または退職後の転職活動には転職エージェントが最適!」に書いたので見てみて下さい。

記事は以上になります。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。