退職代行

男性専門!男の退職代行ってどう?口コミ・評判や使い方の流れを紹介!

こんにちは、ブラック企業からホワイト企業へ無事転職を成功させた、はるきちといいます。 

「退職したいけど自分から切り出せない」

「なかなか会社を辞めさせてもらえない」

こういった人たちが増え続け、最近では退職代行サービスは大人気となっています。

今では多くの退職代行会社がありますが、中でも男性に特化した退職代行サービスとして注目を集めているのが「男の退職代行」です。

今回は「男の退職代行」について、評判・口コミから特徴・強み、使い方の流れまで徹底的に紹介していきます。

退職代行サービスの利用を検討しているという人は是非参考にしてみて下さい。

『男の退職代行』公式HPはこちら

退職代行サービスってなに?

まず最初に、「退職代行サービス」についてよく知らないという人もいると思うので、簡単に説明しておきます。

そんなの知ってるよという人は読み飛ばしちゃって下さい。

会社を辞めるかどうかというのは、働いている人の自由であり、基本的に会社は従業員が辞めることを引き止めることはできません。

これは法律でもちゃんと定められていることです。

しかし、自由に辞めることができると言っても、「会社の圧力が怖くて辞められない」「気まずくて退職を切り出せない」こういう人もたくさんいますよね。

退職代行とはそんなときに

『退職するあなたの代わりに、退職のやりとりや手続きを全て引き受けてくれるサービス』

のことを言います。

極端な話、退職を決断をしてから退職するまでの間、本人は会社に行く必要も、退職の手続きをする必要が全くないんです。

「男の退職代行」について

「会社をなかなか辞められない」という人に大人気の退職代行サービスですが、その人気の高さから、最近では多くの企業が退職代行サービスに参入するようになりました。

数多くある退職代行会社の中でも、男性の退職に特化していることで、注目されているのが「男の退職代行」です。

「男の退職代行」の会社概要は、以下の通りになります。

会社名 株式会社インクル
所在地 〒104−0033 東京都中央区新川2−6−2
代表者 鈴木 良典
退職実施者 合同組合「退職代行toNEXTユニオン」
設立年 2011年
公式HP 男の退職代行

男の退職代行を運営しているのは、東京都に本社を持ち、ホームページ作成やコンテンツマーケティングなどを柱として事業展開をしている「株式会社インクル」になります。

株式会社インクルはWeb作成、プロモーション、サイト運営などを主な業務としており、実際の退職代行の業務に関しては、合同労働組合である「退職代行toNEXTユニオン」が行なっています。

一般企業よりも、労働組合が会社と交渉してくれる方が信頼性が高いということで、20代、30代の男性から人気を集めている退職代行会社なんです。

「男の退職代行」の特徴・強みを紹介

では次に、「男の退職代行」の特徴や長所など、他の退職代行サービスと比べて優れている点を紹介していきます。

「男の退職代行」の特徴・長所は、以下の6つです。

男の退職代行の特徴・長所

会社との交渉を行なってもらえる

労働組合が代行してくれるので信頼性が高い

リーズナブルな価格設定

全額返金の保証がある

業界初&唯一サブスクリプションでの利用が可能

転職お祝い金を貰える

では、それぞれ詳しく説明していきます。

会社との交渉を行なってもらえる

1つ目は「会社との交渉を行なってもらえる」ことです。

会社概要でも言いましたが、男の退職代行では代行業務を、合同労働組合である「退職代行toNEXTユニオン」が行います。

労働組合の場合、退職代行の他に一般企業ではできない交渉を行うことができます。

労働組合ができる交渉とは

「給料や残業代の未払い請求」

「有給休暇の消化」

「損害賠償だと会社から言われた場合の対応」

代表的なものとして、これらが挙げられます。

有給がまだたくさん残ってたり、給料や残業代の未払いがある人にとっては、退職代行と合わせてこれらの交渉をしてくれると助かります。

労働組合が代行してくれるので信頼性が高い

2つ目は「労働組合が代行してくれるので信頼性が高い」ことです。

最近では退職代行サービスを利用する人が増えてきたこともあり、会社によっては「退職代行は認めない」と駄々をこねるケースもあったりします。

そんな時でも、労働組合は法的にも認められおり違法性がゼロなので安心です。

労働組合には団体交渉権というものがあり、会社が退職代行業務を認めない場合、「不当労働行為」にあたるため、会社側はそれを無視することができないんです。

しかも男の退職代行は、JRAA(日本退職代行協会)から100以上の検査項目をクリアした優良退職代行サービス事業者のみに与えられる「特急認定」を取得しているため、安全性が抜群です。

リーズナブルな価格設定

3つ目は「リーズナブルな価格設定」であることです。

男の退職代行で交渉を依頼した場合かかる費用は、アルバイト・パートの場合19,800円(税込)、会社員の場合29,800円(税込)となっています。

この価格は、他の退職代行サービスと比較しても最安値クラスと言っていいでしょう。しかも、追加料金は一切かかりません。

退職代行会社の中には、営業時間外の対応や折り返しの電話対応など、ブラスでオプション料金を請求してくるところもあります。

高額なところだと5万円以上取られたり、弁護士に退職代行を依頼する場合は10万円以上かかるケースもざらにあったります。

転職活動をしたりすると他にも何かとお金が掛かるので、お財布に優しいリーズナブルな価格設定はありがたいですよね。

全額返金の保証がある

4つ目は「全額返金の保証がある」ことです。

もし万が一、退職できなかった場合、かかった費用が全額返金されます。

ちなみに、男の退職代行の今までの退職成功率は100%であり退職に失敗したことはありません。失敗しないから、全額返金保証をしても大丈夫だという自信の表れともとれます。

退職代行サービスの費用は決して安いものではないので、こういった保証があると安心して利用ができますよね。

業界初&唯一サブスクリプションでの利用が可能

5つ目は「業界初&唯一サブスクリプションでの利用が可能なこと」です。

サブスクリプションとは、料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができるという形式のビジネスモデルのことです。

男の退職代行では、「ヤメホー(サブスク退職)」という、月額3,300円(税別)で退職代行サービスを1年間に2回まで利用できるサブスクリプション方式(定額制)の料金プランを選択することも可能です。

この料金プランのメリットは、急ぎで退職代行サービスを利用したいけど、すぐにまとまった料金のお支払いが難しい人にとっても、安心して利用できるところです。

言ってみれば、数万円かかる費用を分割して支払うみたいな感じですね。

しかも1年以内なら2回まで退職代行を利用できるので、もし転職先が合わなくてすぐに退職したいといった場合に、もう一度無料で代行依頼をすることできます。

ちなみに、退職代行サービスにサブスクリプション方式を取り入れたのは、男の退職代行が業界初であり、今のところ他にはありません。

転職お祝い金が貰える

6つ目は「転職お祝い金が貰える」ことです。

男の退職代行は、いくつかの転職支援サービスとも提携しており、転職のサポートも行なっています。

もし紹介した転職支援サービスを利用して転職が成功した場合、転職お祝い金として最大5万円プレゼントしてもらえます。

ちなみに、転職サポートのみの利用でもOKで、その場合でも転職が成功した場合には最大3万円が貰えます。

転職サポートに関しては、無料で利用することできるので、まだ転職先が決まっていないという人は試しに利用してみるのをおすすめします。

『男の退職代行』公式HPはこちら

「男の退職代行」を利用する時の注意点

「男の退職代行」の特徴や長所を挙げてきましたが、利用する際の注意点もいくつかあります。

これから退職代行サービスの利用を検討している人は合わせて参考にしてみて下さい。

男の退職代行を利用する上での注意点は、以下の3つです。

利用する上での注意点

弁護士資格が必要な交渉はできない

労働組合としての要件を満たしていない可能性がある

女性はサービスを利用できない

弁護士資格が必要な交渉はできない

男の退職代行は労働組合が業務を行なっているため、弁護士資格が必要な交渉はしてもらうことができません。

まぁ当然といえば当然ですが。

例えば、弁護士資格が必要な交渉とは

『ハラスメントによる損害賠償請求』

『有給休暇の買取交渉』

『雇用条件の交渉』

これらの交渉が該当します。

なので、もし弁護士資格が必要な交渉を依頼したいと思っている人は注意して下さい。

労働組合としての要件を満たしていない可能性がある

合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」は退職代行を主に行なっているため、労働組合法第2条に定められている労働組合としての要件を満たしていない可能性があります。

労働組合法第2条

第二条 この法律で「労働組合」とは、労働者が主体となつて自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体をいう。但し、左の各号の一に該当するものは、この限りでない。

引用元:労働組合法第二条

しかし、今のところ「退職代行toNEXTユニオン」が労働組合としての要求をみたすかどうかという議論がされたケースは見当たらないため、そこまで心配しなくていい問題かと思います。

ただ、労働組合であっても退職できない可能性はゼロではないというリスクがあることは自覚しておきましょう。

女性はサービスを利用できない

男の退職代行は、その名の通り、男性しかサービスを利用できません。

サービス名に男が付いている時点で、ほとんどの女性の方は自覚していると思いますが、いくらサービスの内容が気に入ったとしても男性限定なのでご注意下さい。

「男の退職代行」の評判ってどう?利用者の口コミを紹介

では次に、「男の退職代行」を利用した人たちの口コミ・評判はどうなのか?

退職代行の利用を考えてる人にとっては気になるところだと思います。

男の退職代行の公式HP内に、実際に代行サービスを「利用した人の声」が掲載されています。いくつかピックアップして紹介します。

37歳/正社員/運送業

初めての利用だったが丁寧に対応頂き大変満足でした。

他の退職代行サービスには見かけない後払いシステムや転職サポートがとても気に入った。

20歳/正社員/製造業

もっと早く退職代行サービスへ相談すればよかったです。手続きを進めてくれてありがとうございました。

希望通り、即日から有給をすべて消化して退職ができて大変満足でした。

24歳/正社員/システムエンジニア

ホームページにある通り、対応が迅速であり、円滑な退職ができて大変満足した。

22歳/正社員/食品製造業

ほぼ何もしなくても即日退職ができ、最悪な職場環境かや人間関係から解放された。

新卒で初めての退職で手続きがわからなかったが、丁寧で充実したサポートをしてもらえ退職できた。

これらはほんの一例で、ホームページにはもっとたくさんの利用者の声が掲載されています。

さらに、相談内容や背景、選んだ理由まで細かく記載されているので、気になる人は是非ご覧になってみて下さい。

『男の退職代行』公式HPはこちら

「男の退職代行」の使い方の流れを紹介

では最後に、「男の退職代行」を実際に利用する場合の使い方の流れを紹介します。

男の退職代行で退職するまで流れは、以下の3ステップになります。

退職するまでの流れ
  • ステップ①
    無料退職相談
    「即日退職したい」「有給を全て消化して辞めたい」など、まずは無料で要望を相談します。」
  • ステップ②
    お申し込み&お振込
    無料相談後にサービスに納得するようなら料金を振込ます。銀行振込またはサイト内の申し込みボタンからクレジットカードなどでお支払いが可能です。
  • ステップ③
    退職代行実施
    「男の退職代行」がお客様に代わり退職する会社への連絡を代行します。退職代行が完了するまでは、電話やメールにて回数無制限にて対応してもらえます。

ご利用に面談は一切必要ありません。無料相談から退職完了まで、スマホ1つでご利用することができます。

※ただし別途、退職届は記入していただく必要があります。

まずは無料で相談することをおすすめします!

「男の退職代行」はサービスを利用する前に、聞きたいことがあれば、無料で相談することができます。

LINE、メール、電話どれでも大丈夫なので、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

一応やり方を説明しておきますね。

①まずは「男の退職代行」のホームページにアクセスします。

②トップページを下の方にスクロールさせていくと、下図のように、電話/メール/LINEのいずれかの方法で、お問い合わせができます。そこから無料相談をしましょう。

「即日対応してもらいたい」

「会社と連絡を取りたくない」

「離職票を送ってもらいたい」

などなど、これらの様な要望を相談を無料で行うことができます。無料相談を送ったら、返答があるので待ちましょう。

まとめ

はっきり言って、退職というのは精神的にも体力的にも本当に辛いです。

僕の場合、最初の転職の時は自分で退職のやりとりをしたのですが、やっぱりしんどかったです。

最初から退職代行サービスを利用すればよかった・・・」と後悔しました。

もし、退職代行サービスを利用するかどうか悩んでいるのなら、ぜひ活用してみるべきです。精神的にも楽な状態で転職活動をスタートさせることができます。

『男の退職代行』公式HPはこちら

ちなみに、転職活動を考えているけど、「まだ転職サイトや転職エージェントに登録していない」と言う人は、今すぐに登録すべきです。

その辺の理由についてはこちらの記事にまとめたので、よかったら参考にして下さい。

記事は以上になります。それでは、今の会社を円満に退職ができることを願っています。

この記事が少しでも役に立った方は、他の人にも読んで貰いたいのでツイートお願いします。